2017年08月02日

大阪駅の改札内にはポストがない

 郵便物を投函するために、駅の構内をうろうろしました。ポストが見つかりません。
 東京駅にはあったので、大きな駅なのであるだろうと思い、大阪駅の駅員さんに聞きました。すると、一旦改札を出ないとポストはない、とのこと。改札内にはないのです。

 京都駅までの切符で、大阪駅のホームを跨いでの乗り換え中なのです。ポストだけの用事で改札を出て、また切符を買い直して入るのももったいないことです。新快速であと30分なので、郵便物はそのままカバンに納めました。

 私は、郵便物を持ち歩く癖があり、何ヶ月もカバンに入れたまま、ということがよくあります。急ぐものは、すべてメールや添付ファイルで済むことが多いご時世なのです。郵便で送るものは、ほとんどが数ヶ月遅れても問題はありません。ゆうパックにはお世話になっています。

 郵便物を出すために持っている時は、アッと思ったら、すぐにポストを探します。しかし、そうそううまく近くにはありません。街中ではポストをよく見かけます。それが、投函したいときに限って、なかなか見当たらないものなのです。これは不思議です。

 さて、京都駅では、駅のホームにありました。大阪からの新快速を降りたすぐの所に、到着した2、3番線の、なんと目の前にポストが仁王立ちで待っていてくれました。

170802_post1.jpg

 さらには、向かい合わせの4、5番線にもあるのです。

170802_post2.jpg

 あまりの嬉しさに写真を撮って安心し、肝心の郵便物を投函しないままに改札を出てしまいました。
 京都駅の中で入れ忘れても、駅前にポストがあるし郵便局の本局でも、とよりどりみどりです。
 駅前のバスターミナルの一角にあったポストに、無事に入れることができました。

170802_post3.jpg

 ポストが2つ並んでいることは、以前に五反田駅前のポストの話で書きました。
「江戸漫歩(4)怪しい郵便ポスト」(2008年01月19日)
 この京都駅前の2つのポストは、どんな事情や背景を持っているのでしょうか。

 大阪駅には、かつて改札内にポストがあったことがわかりました。女性向けに駅を大改装したことに伴い、ポストは撤去されたのです。女性と郵便ポストは無縁だ、ということなのでしょうか。

 今度、天王寺駅で乗り換える時に、改札内にポストがあるのかどうかを確認してみます。
 
 
 
posted by genjiito at 19:08| Comment(2) | *身辺雑記
この記事へのコメント
>大阪駅には、かつて改札内にポストがあったことがわかりました。女性向けに駅を大改装したことに伴い、ポストは撤去されたのです。女性と郵便ポストは無縁だ、ということなのでしょうか。

コメント失礼致します。
大阪駅が女性向けに改装した、と言う意図がわかりかねますがどう言うことでしょうか。
どこがどう女性向けなのか、JR西日本のウェブサイトにも記述はありませんでした。

なお、駅構内の郵便ポストは京都駅のほか、東京都の品川駅、東京駅、埼玉県の大宮駅にも存在し、更に列車内では福島県の会津鉄道お座トロ列車、磐越西線のSLばんえつ物語、愛媛県と高知県を結ぶ予土線の列車にポストが備え付けられているそうです。
Posted by こちらの記事について at 2019年02月15日 23:37
コメントをありがとうございます。
お問い合わせの件について。

この記事は、今から遡ること600本も前(2017年08月02日)のものであり、しかも記事の最後に3行ほど付け足しで書いたものでもあり、この取材をした時のことが鮮明には思い出せません。

まず、

「大阪駅には、かつて改札内にポストがあったことが<font color=#FF0000>わかりました。</font>女性向けに駅を大改装したことに伴い、ポストは撤去されたのです。女性と郵便ポストは無縁だ、ということなのでしょうか。」

とあることを手がかりにすると、「〜わかりました。」とあるので、これは改札内の駅員さんにお尋ねして知り得た情報だと思います。そして、「撤去されたのです。」も、私の意見ではなくて、おそらくその駅員さんのご教示だと思われます。そのことを踏まえて、私が「女性と郵便ポストは無縁だ、ということなのでしょうか。」という私見を追記しています。

ということで、お問い合わせの「大阪駅が女性向けに改装した、と言う意図がわかりかねますがどう言うことでしょうか。」ということについては、私には今は何も申し上げられないので、再度大阪駅の改札におられる駅員さんに尋ねるしかないかと思います。
ただし、大阪駅を歩くと、確かに「女性向けに駅を大改装した」ことは実感できるし、私などが買い物などで立ち寄る店は皆無です。時流に合わせて、女性客をターゲットにした駅になったことは確かなようです。そのことを、駅員さんがおっしゃったのかもしれません。

「どこがどう女性向けなのか、JR西日本のウェブサイトにも記述はありませんでした。」ということについても、私はウェブサイトは便利であっても信用はしないので、記述の有無を言うのは意味がなく、直接JRの関係者に取材する必要がありそうですね。

お問い合わせの趣旨は、ジェンダーの問題意識からのものなのでしょうか。確かに、今や「男か女か」ではなく、そのいずれでもない中間が認められる時代になりました。私も、「京洛逍遥(505)京都駅で見かけた羅城門と性別不問のトイレと回転寿司」(http://genjiito.sblo.jp/article/184045797.html)で、「LGBTツーリズム」に関して報告を記しています。その点では、「女性向け」という意識や視点は、もはや時代遅れの感覚となっていますね。

全国の駅の改札内に設置されているポストについては、日本人が個人的には郵便をまったく使わなくなった昨今、すでに過去の遺物と化している状況を考えると、今後ますます消えて行くと思われます。どこにあるのか、ということよりも、「いつ撤去されたのか」を調べるとおもしろいかな、と思いました。

あまりお役に立つ回答ではなくてすみません。

Posted by genjiito at 2019年02月26日 19:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。