2017年07月12日

読書雑記(202)伊井春樹著『小林一三は宝塚少女歌劇にどのような夢を託したのか』

 『小林一三は宝塚少女歌劇にどのような夢を託したのか』(伊井春樹、ミネルヴァ書房、2917.7.10)を読みました。

170709_ii-book.jpg

 読書雑記としては、種類は違うものの、前回の「読書雑記(201)有川浩『阪急電車』」(2017年07月05日)に続いて、阪急電車に関連した本ということになります。あくまでも偶然にこうなったのですが……

 小林一三には、観光地化に対する溢れんばかりの発想があったのです。新しい価値の発見であり、新しい思想です。本書には、明治から大正にかけての関西の文化が活写されています。小林一三を再発見し、再評価をする書となっています。
 一三が進める阪急沿線の開発とその宣伝文には、今、新しい職場で観光のことを考えている私には、多くのヒントをもらいました。

 箕面有馬電気軌道鉄道が明治四十三年三月十日に大阪梅田から宝塚へ、途中の石橋から箕面へと路線が敷かれて営業を始めると、宝塚への温泉客も増えてくる。ただ電鉄会社としては、〈箕面有馬〉と称しているように、有馬への延伸が基本であり、宝塚は通過駅としての位置づけにあった。それだけに観光地としても知られる箕面の開発にまずは勢力を注ぎ、集客をはかる新しい施設を整え、大阪お伽倶楽部の助力も得ながら、多様な催しを企画していった。
 宝塚は観光地ではないだけに、これまでは温泉宿を持つ避暑地として知られ、見るべき名所は「宝塚梅林」のみにすぎないと紹介記事はそっけない。ただ、有馬行き電車の構想が明らかにされた時点で、有馬温泉の旅館業者は日帰り客が増え、宿泊しなくなると強く反対していた。結果的にその声の大きさと、山間部を走る難工事もあり、小林一三は有馬への延伸を断念するのだが、正式の決定はまだ先のことであった。(180頁)
 (中略)
 正式に有馬行きを断念したのは大正二年六月、その直後に宝塚唱歌隊を結成し、本格的な宝塚開発へと突き進む。もっとも、小林一三はそれ以前から有馬までの路線は困難との思いをいだき、宝塚の観光地化を計画はしていたのであろう。(182頁)


 「観光とは何か」を考え出していたところだったので、タイムリーな本でした。
 次の一文は、まさに今、食と観光のことに取り組んでいるところなので、早速メモをしました。

「九月十日より箕面公会堂にて、全国食料品共進会、各地名物うまいもの、悉く一堂に集る」と、今日のデパートでも見かける「全国うまいものフェアー」も催されるなど、集客の方策がなされていく。(173頁)


 名所の裏にある人の流れと店や物の動きなどから、一三の発想の新奇さを超えた先見の明が活写されていきます。人を集めることに天才的な発想を見せた一三は、次々と妙案を提示していたのです。
 中でも、「箕面電車唱歌」「箕面動物園唱歌」には、日本の伝統的な文化が塗り込められていることを教えられました。一三は、単なる事業家ではなくてスケールの大きな文化人だった、と著者は訴えています。
 箕面動物園や山林こども博覧会のくだりになると、まさに伊井語りとでも言うべき口調で、明治40年前後の観光ガイドブックが展開します。観光に興味を持つ私には、これこそ貴重な資料集となっています。
 箕面でのさまざまな取り組みが、その後の宝塚での発展と展開の基盤となっていきます。特に私は、一三が子供の存在を巧みに意識させていることに注目して読み進みました。
 最後に語られる、宝塚におけるプールの失敗から劇場へという発想の転換は、鮮やかな成功談として楽しめます。ところが話はさらに転々とし、失敗と言われているプールが、実は一三のレトリックであって、実際には最初から劇場と公会堂を兼用できるものだったということが明らかにされます。丹念に資料を渉猟し、読み解いての新見解です。
 少女歌劇団員の名前について、天津少女などは『百人一首』から採ったことは知っていました。その他にも多くの例を提示されると、ますます役者への親しみが湧いてきます。

 舞台に立つとなると、人々に親しまれ、覚えられるような芸名が必要である。「ドンブラコ」で桃太郎役となったのが男役スター第一号とされる十四歳の高峰妙子、本名の浅井(中村)薫に対して、『百人一首』(山部赤人)の「田子の浦にうち出でて見れば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ」を典拠とした。このようなアイデアを持ち出したのは、文学に通暁する小林一三であったに違いなく、少女を一人ずつ見ながら、それぞれふさわしいみやびやかな名前を付けていく。猿となった雲井浪子は、「わたの原漕ぎ出でて見ればひさかたの雲井にまがふ沖つ白波」(藤原忠通)、小倉みゆきには「小倉山峰の紅葉葉心あらばいまひとたびのみゆき待たなむ」(藤原忠平)と、人々にとってはなじみが深く、日常的にも口ずさまれ、国民的な愛唱歌『百人一首』を用いた歌である。大江文子、由良道子、逢坂関子、若菜君子などと、少女たちは和歌に由来する芸名が付けられ、舞台女優としての自覚を強く持つにいたったことであろう。
 草創期の少女だけではなく、宝塚の伝説的なトップスターとして名を残す七期生の天津乙女は、「天つ風雲の通ひ路吹きとちよ乙女の姿しばしとどめむ」(僧正遍昭)に由来することはよく知られるところである。妹の娘役トップの雲野かよ子は十一期生、同じ和歌を用いての芸名となる。(246〜247頁)


 本書は、今から2年前に刊行された「読書雑記(136)伊井春樹著『小林一三の知的冒険』」(2015年07月15日)を受けた、一三の生き様と一三が生み出した文化を語るものです。本書に続く第3弾では、宝塚歌劇がどのようなものを題材にして、誰によって演じられてきたかが語られることでしょう。特に、『源氏物語』の話を期待しています。
 本書では、著者が住んでおられる箕面への愛着も、その行間から伝わってきます。その旺盛な知的好奇心がますます実を結び、私どもに近現代の生きた文化史を展開してくださることをありがたく思いながら、それを大いに楽しみたいと思います。
 巻末の詳細な「人名索引」と「事項索引」は、本書が単なる読み物に留まるものではなく、資料的な性格を併せ持っていることを示しています。読み返し、再確認するときに大いに役立ちました。【5】
 
 
 
posted by genjiito at 22:48| Comment(0) | ■読書雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。