2017年07月01日

「キャンパスポート大阪」で「源氏物語と大阪」と題する講義をして

 今日から、八坂神社に近い四条河原町は、祇園祭一色になりました。
 通りでは、コンチコチンの音色が降り注いでいます。
 バス停は、ミストシャワーで涼しそうです。

170701mist1.jpg

170701mist2.jpg

 今日は、大阪駅前第2ビル4階にある「キャンパスポート大阪」で、「『源氏物語』と大阪」と題する講義をして来ました。
 これは、NPO法人「大学コンソーシアム大阪」が主催する「大学間連携事業」の一つで、その中の「単位互換事業」として実施されているものです。

170701conso1.jpg

 パンフレットの文言を引きます。
大阪の大学の
」が集積する
価値創造拠点


 これに参加している大学は、以下の42大学です。

170701l_ist.jpg

 簡単に言うと、他大学の科目を履修した学生に、単位を認定する制度です。この講座を受講して試験に合格すると、自分の大学で修得した単位として認められるのです。
 今日、私が受け持った講座は、大阪観光大学が担当する地域学を中心としたセンター科目「大阪観光学」の中の1講座です。

170701conso2.jpg

 今回の講座の受講生は25名で、大学別に見ると次のようになっています。
大阪市立大学
大阪経済大学
近畿大学
相愛大学
帝塚山学院大学
梅花女子大学


 今日お話したことは、『源氏物語』「澪標」巻の中に語られている、光源氏と明石の君が住吉神社へ参詣するくだりです。大阪に関係する観光地として、住吉にしました。
 最初に、先月下旬に新聞に報じられていた「住吉大社の神輿 関空を行く」という記事を提示して、その意味を考えることにしました。
 以下、『新編全集 源氏物語「澪標」』(小学館)に「その秋、住吉に詣でたまふ。」とある部分より7頁分を見ながら、お話と住吉及び大阪の地のことを確認していきました。
 また、このくだりの背景を知るのに最適な『国文学解釈と鑑賞別冊 源氏物語の鑑賞と基礎知識 No.24 澪標』(日向一雅編、至文堂、平成14年)の中から、「源氏ゆかりの地を訪ねて 住吉明神の霊験」(浅尾広良)を紹介しました。

 配布した資料はA4で32枚分です。
 理工系の学部で勉強する方が半数以上で、文学部に所属している学生さんはおられません。しかも、1時間半という短い持ち時間で1回きりの担当です。興味が湧いた時に確認できるように、と思って、少し詳しめの資料を渡しました。

 いろいろな分野の方に、観光という視点から『源氏物語』を逆照射してもらえたら、という思いでお話をしてきたところです。

 昨日は研究会があったため夜遅くに帰り、今日は午前中の講義だったということもあり、少し疲れました。
 久しぶりに、今日は早めに休むことにします。
 
 
 

posted by genjiito at 20:33| Comment(0) | ■講座学習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。