2017年06月30日

科研(A)の第9回研究会を大阪観光大学で開催

 本日の研究会は、本年度の新規採択なので、第1回めです。しかし、昨年までのテーマをさらに大きく展開するものなので、通算で第9回となります。

 夜来の大雨も午前中には上がり、蒸し暑いながらも楽しい集まりとなりました。
 興奮気味に、帰路での投稿となっています。

 今回の開催にあたっては、大阪観光大学で研究分担者になっていただいた谷口先生が、会場確保や設営などを手回しよくやってくださいました。これまでは、準備などはすべて、科研付きの研究員やアルバイトの方にお願いしていました。今回は、研究支援を一手に引き受けてもらっていた淺川さんが東京からコントロールしてもらっていたとはいえ、何かと小回りが利きませんでした。内部の先生の協力は、ありがたいものです。

170630annai3.jpg

170630annai2.jpg

170630annai1.jpg

 一昨日の本ブログで紹介した通り、プログラム通りに実施できました。

 最初は、図書館で翻訳本の展示を見ていただき、簡単に説明しました。
 インドからお越しのモインウッディン先生に、私の拙い説明を補っていただきました。

 場所を4階のセミナールームに移し、まずは自己紹介からです。

170630room.jpg

 異分野のメンバーで構成する組織なので、ほとんどの方が初対面です。そのため、少し時間をかけました。
 事務方で、これからお世話になるお二人にも出席していただき、この科研を構成するメンバーとの対面も叶いました。事務方の理解と協力なくして、科研の遂行は困難だと思っているからです。

 高校の教員をしていた私が、25年前にこの大学(当時は大阪明浄女子短期大学)に赴任するにあたり、恩師伊井春樹先生は2つのことをおっしゃいました。それは、研究者として生きて行くためには、科研を取ること、そして事務方を大事にしなさい、ということでした。
 以来、その言葉を肝に銘じて、今に至っています。

 引き続き、科研の主旨などをお話し、活動方針の確認をしてから、研究発表に移りました。

(1)研究発表
「「海外源氏情報」にみる海外で翻訳・出版された平安文学情報」(淺川槙子)
 日本文学のどの作品が、どの言語で翻訳されているか、ということはもちろんのこと、翻訳されていない作品のことや、なぜこのような作品が翻訳されているのか、ということが浮き彫りになる発表でした。これまでとこれからの、情報収集の意義を再確認する資料の提示も、ありがたいものです。みんなで、この資料を大事に育て上げていきたいものです。

(2)研究発表
「『とりかへばや物語』における男君考 −なぜ男君は悩まないのか−」(長内綾乃)
 長内さんは、広島大学の4年生です。卒業論文をどのような内容にするか、という私が投げかけた課題に答える発表でした。自分が持っている問題意識が明確なので、中世王朝物語を専門に研究する先生方からの質問にも、堂々と答えていたのには感心しました。日頃から、鍛えられているからでしょう。
 本科研では、若手の育成を心がけています。その意味からも、長内さんの発表は、本人はもとより、我々も新鮮な気持ちになるものでした。

 全国の学校の先生方で、学会では発表できないとしても着眼点が光っていて、専門家の意見を聞きたいという学生さんがおられましたら、遠慮なくお知らせください。本科研が取り上げるテーマに応じて、発表や研究報告の機会を提供する用意があります。検討の結果発表となれば、会場までの交通費は支給します。

(3)研究発表
「『とりかへばや物語』の中国語訳の試み」(庄婕淳)
 実際に自分で『とりかへばや物語』を翻訳しての問題点が取り上げられました。具体的だったので、短時間ながらもみんなで参加できる討論ができました。

 『とりかへばや物語』の発表が2つ続いたこともあり、男性という性についての意見が楽しく展開する、おもしろい話題に身をおくことになりました。これは、多言語における異文化交流の観点からも、世界中の方々と意見を交わせるテーマです。いつか、国際集会で取り上げたいと思います。

(4)研究発表
「雀の子を犬君が逃がしつる」の外国語訳と現代語訳」(須藤圭)
 教科書に採られている有名な場面を、さまざまな訳文を提示して比較検討する、おもしろい問題提起がなされました。
 一つの言語における訳文の検討だけでも、多彩な問題が見えてきます。それが、多言語となると、さらに問題のスケールが大きくなり、多彩な意見交換の場となるはずです。

 次回は、本年12月に東京での開催を予定しています。
 海外における平安文学に関して、本研究会で研究発表したい方を募集しています。希望する方がいらっしゃいましたら、本ブログのコメント欄を利用して連絡をください。折り返し、相談の連絡を差し上げます。

 本日の参加者は以下の12名でした(敬称略)。楽しい会となり、次回がますます待ち遠しくなりました。今後とも、よろしくお願いいたします。

伊藤鉄也(大阪観光大学)
谷口裕久(大阪観光大学)
王静(大阪観光大学)
金光桂子(京都大学)
高田智和(国立国語研究所)
須藤圭(立命館大学)
モハンマド・モインウッディン(大阪大学)
庄婕淳(立命館大学)
長内綾乃(広島大学4年生)
池野陽香(大阪観光大学1年生)
淺川槙子(元・国文学研究資料館プロジェクト研究員)
塔下宣子(オフィス ティ〈デザイナー〉)
 
 
 

posted by genjiito at 23:55| Comment(0) | ■科研研究
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。