2017年06月23日

第6回池田亀鑑賞授賞式のために日南町に来ました

 明日24日(土)は、第6回池田亀鑑賞の授賞式が、ここ鳥取県日野郡日南町であります。
 今日の夕方、新幹線で岡山に出て、伯備線の「やくも」に乗り換えて、日南町に来ました。京都から3時間弱です。岡山で、東京からお越しの池田亀鑑博士のご子息である池田研二先生と合流しました。

 日南町の生山駅には、池田亀鑑文学碑を守る会の事務局長をなさっている久代安敏さんが、迎えに来てくださっていました。いつも、お世話をしてくださいます。ありがとうございます。

 宿泊場所である「ふるさと日南邑」へ送っていただく途中に、旧日南町立石見東小学校の敷地に立つ、池田亀鑑の文学碑に連れて行ってくださいました。碑文の『学才にあらず 閥派にあらず たゞ至誠にあり』は、私にとっては想い出深いことばです。

170623_kikan1.jpg

 この碑文の右横にある顕彰碑が建てられたのは、平成21年11月です。
 そのことを久代さんから聞いて、翌12月に、飛ぶようにして私はこの地に足を運び、久代さんとのお付き合いが始まりました。

170623_kikan2.jpg

 それから2年の準備期間を経て、池田亀鑑賞の創設に漕ぎ着け、『もっと知りたい 池田亀鑑と『源氏物語』』を刊行し、第1回池田亀鑑賞の授賞式は平成23年(2011年)5月2日に挙行されました。そして今回が第6回です。感慨深いものがあります。

 今回は、「ふるさと日南邑」の本館ではなくて、外の森の中に建つ3棟のログハウスの一つに泊まりました。

170623_house1.jpg

170623_house2.jpg

170623_house3.jpg

170623_house4.jpg

 ここは、木を贅沢に使った、すばらしい施設です。ゼミ合宿などに使うといいと思います。
 
 
 
posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | □池田亀鑑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。