2017年06月11日

京洛逍遥(448)白川通から真如堂を経て神楽岡通へ

 慌ただしかった日々に疲れ切った身体を休めるため、初夏の緑を浴びに真如堂へ行きました。
 バス停「真如堂前」を降りて東参道から入りました。

170612_sinnyodo1.jpg

170612_sinnyodo2.jpg

 本堂の裏手から入ったこともあり、まずは見ごろの紫陽花と対面です。

170612_sinnyodo3.jpg

 緑の木立の中に本堂はたたずんでいます。

170612_sinnyodo4.jpg

 本堂左手前では、沙羅がもうすぐ花開くところでした。

170612_sara.jpg

 インドの話では、お釈迦様が最後の説法をした後、頭を北にして沙羅の木の間に横たわって入寂された、と言われています。日本の沙羅は夏椿で、インドのものとはまったく別物だそうです。『平家物語』の「沙羅双樹」はどのような花だったのでしょうか。

 本堂右手前の菩提樹は、黄色の花を咲かせていました。

170612_bodaijyu.jpg

 見ごろは10日ほどの間だとのことなので、見るのは来週一杯なら大丈夫でしょうか。お釈迦さまは、菩提樹の下で悟りを開かれました。ただし説明によると、日本とインドでは植物の分類が異なる、違う木だそうです。これも、翻訳・意訳の世界のようです。

 去来の句碑を見かけました。
 変体仮名に敏感になっている私は、最初の「念仏可南」の「南」の文字が気になりました。鎌倉時代を中心にして写本を読んでいる私は、ほとんどこの「南」という変体仮名に出会わないからです。近世ではよく使われるのでしょうか。

170612_kyorai.jpg

 陽成天皇陵、吉田山荘、後一条天皇陵と、神楽通をブラブラしていると、たまたま黎明協会資料研修館で「琳派展 2017」をやっているのを見かけました。思いがけず、光悦や光琳の絵や書を堪能することができました。

170612_rinpa1.jpg

170612_rinpa2.jpg

 伝宗達筆『源氏物語図』(「蛍」、次の写真はホームページより)は、屏風絵の断簡です。

170612_genjie1.jpg

 また、屏風絵の1部として「若菜上」も所蔵されているようです(写真はホームページより)。

170612_genjie2.jpg

 歌仙絵も、楽しい出会いとなりました。いいものを拝見できました。琳派の茶道具も見られます。明治27年に刷られた『光琳百図』とその版木も、興味深いものでした。
 ここは、2004年に開館した新しい美術館です。閑静な住宅地の中にあり、ゆったりと展示作品が見られるので、散策の途中で寄るのにいいと思います。

 最近注目されている、吉田山山頂にあるカフェ「茂庵」まで足を延ばしました。神楽岡通から山道を15分ほど歩いて登ります。
 途中で、送り火で知られる如意ヶ岳の「大」の字がきれいに見えました。

170612_daimonji.jpg

 また、ここには、大正時代の長屋風の文化住宅群も現存しています。

170612_jyutaku.jpg

 茂庵へは、この狭い入口からまだまだ山を登ります。

170612_moan1.jpg

 茂庵までの山道の途中には、瀟洒なお茶室がいくつかありました。

170612_tyasitsu.jpg

 ようやく辿り着いた茂庵は、山小屋風の風情があります。

170612_moan3.jpg

170612_moan4.jpg

 多くの方々が待っておられるので、どれくらい待つか思案のしどころです。1時間以上はざらだとのことなので、またいつか、ということにして下山しました。

 ちょうどお昼時だったので、吉田山を下って今出川通り沿いにある進々堂京大北門前店でランチをいただきました。ここは、いつ来ても大学生活の匂いがします。
 朝から半日、いつもとは違う世界を散策することができました。
 
 
 
posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | ◎京洛逍遥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。