2017年05月24日

読書雑記(200)須田寛『日本の観光 きのう・いま・あす 現場から見た観光論』

 今私は、観光とは何か、観光学とはどのような学問なのかが知りたくて、いろいろな入門書を読んでいます。観光に関する基本的な知識の習得と、観光を考える際の物の見方を学ぼうとしているところです。
 まだ、これは、と言える本との出会いがありません。

 『日本の観光 きのう・いま・あす 現場から見た観光論』(須田寛、交通新聞社新書107、2017年2月)を読みました。

170524_kanko.jpg

 新刊ということもあり、興味を持って手にしたものの、私の方に直面する問題意識がなかったせいか、退屈な本でした。
 この道で幅広い経験と実績を踏まえ、豊富な情報を提供する一書です。しかし、読んでいて話に引き込まれないのです。私が観光業について知らないからだと思いながら、読み進みました。
 記述されていること、語られていることに、あまり新鮮味を感じません。また、文章の途中に補足説明がカッコ付きで加えられています。これが結構多くて話がぶつぎれとなり、それでなくても漫然とした説明がカッコでさらに意味不明となります。もったいないことです。
 社会状況の説明と伝聞による話題が多いのも、中身が締まらず雑然としたお話に終始する原因のように思いました。
 著者は「はじめに」で、本書について次のように言っておられます。

 最近「観光立国」の声の高まりと共に様々な観光への取組みが急伸しつつある。このため観光関係の人材育成の必要から各地の大学等に観光学科・学部等が開設されるようになった。筆者もいくつかの大学で非常勤講師として観光の講義も担当している。「観光学」は比較的歴史の浅い学問であることもあって、参考文献がまだ少なく、授業のためにも、また筆者自身の学習のためにもやや物足りなさを感じていた。そこで観光の参考書を自分でもつくることを考えた。本書もそのひとつである。しかし、筆者は実務担当者であって学者ではないため、学間的な知見を整理するというより、自分の実務経験を振り返りそこから得た教訓等、筆者なりの観光への学習成果をまとめたものをつくるのが精一杯であったことをまず反省しなければならない。(2頁)
(中略)
 実務者からみた観光の今の動きを記述することから今後にむかって発展していく観光の姿を描く、いわば「動態観光論」ともいつべきものにまとめようとしたのが本書の目標でもある。(3頁)


 まさに本書は、教科書のような、事実の羅列なのです。利用目的によっては、重宝する本かと思われます。しかし、通読には適しません。コラムも補注にしかすぎず、気分転換になっていないのが惜しまれます。ただし、資料には啓発されるものがいくつもありました。もっと引用してある資料や図版の説明があれば、内容に関連付けて理解が深まったかと思われます。これは、情報が投げ出され、情報の垂れ流しとなっています。もったいないと思いました。
 なお、次の地名に関する観光との問題は、私の興味を惹きました。地名が持つ歴史と文化は、観光客のイメージ作りと密接に結びつくからです。このことを、もっとわかりやすく掘り下げていただきたかったところです。

地名にかかわる問題は他の観光地でも起こっている。修善寺・湯ヶ島・韮山・長岡等、伊豆の有名観光地の地名が広域地図から消えてしまったのである。広域地図では普通、市町名を○で示すだけになる。このため合併で生まれた「伊豆市」「伊豆の国市」という新市名の表示だけになったからである。このため観光客の間にとまどいを生じている。
 市町村合併後も従来の観光地名等有名な地名は何等かのかたちで表示する工夫が必要だ(○○市××地区というような表示方など)。
 このようなことも観光を”まもる”重要な施策ではなかろうか。(225頁)


 もう一例を。
 私が興味を持っている、観光と食に関する問題は、驚くほどピンボケな説明でした。この「食」の項目は問題点の掘り下げ方や視点が極めて浅薄なものとなっていて残念です。

新しい「食」の観光
 「食」は、これまでも観光を構成する重要なひとつの要素であった。しかし、どちらかといえば、観光に付帯するものが中心で、観光に行ったついでに、「食」(名物菓子等)を味わったりみやげ品として買うこと等が多かった。観光地で名物のいわゆる「うまいもの」を食べるということによって観光に付加価値を加える、いわばいろどりをそえるものでもあった。
(中略)
 「食」の観光にも二つの流れがある。
 第1は、「ストーリー型『食』の観光」である。食材の由来(ストーリー)を共有する地域間の連携による広域にわたる「食」の観光だ。例えば、旧軍港の兵食を「海軍グルメ」として情報発信した横須賀の「海軍カレー」、呉、舞鶴の「肉じゃが」、佐世保の「バーガー」(米軍に由来)では、それらが地域の食文化にまで成長、多くの新しい「食」を求める観光客で賑わうようになった。
 第2は、「食」の生産から販売までを総合観光資源とするものである。漁場見学(体験)から始まり、魚市場見学、ショッピング、魚料理の賞味、魚の食品加工工場の見学(一部体験)等を、一貫した「食」の観光とする学習型要素の強い「食」の観光が人気を集めている。富山の「ますのすし」が新幹線開業を機に、一段と注目を集める全国的な観光資源として知られているが、この「すし」は右記のような一貫観光に近い受入体制が導入されている。
 このように「食」の観光は従来の観光の付随的なものから独立した観光の分野となり、しかも、所によっては大規模な新しい総合観光資源となりつつある。(156〜158頁)


 著者が提唱されている「国際観光」の振興について、具体的にどのように実現するのかが、読者に問われていると言えます。ただし、繰り返しになることに煩を厭わずに書くと、話がどんどん飛躍するので、問題点の所在とその対処策が不明確でした。そのために、問題が提起されていても投げ出されたままなのです。
 平成18年12月に議員立法により成立し、平成19年1月より施行されている「観光立国推進基本法」についても、もっと丁寧な説明が聞きたいと思い続けながら、読み進みました。
 本書の最後の方に、次の記述があります。

 以上、外国人客を誇救し、さらに国際観光を発展させるには様々な課題解決に取組む必要があるが、その多くの課題はソフトの問題、即ち主としてこころの持ちようで解決できるものが多い。即ち外国人客をもてなしの心で温かく迎える姿勢をもつことがそれであろう。(244頁)


 この箇所には、「こころ」と「もてなしの心」に圏点が付けてあります。それにしても、この解決策は非常に漠然としています。「こころの持ちよう」と「もてなしの心で温かく迎える姿勢」で解決できると言うのです。それが一体何なのか、その具体的な解決策を知りたいのに、言い古された曖昧模糊としたことばでしめくくっておられます。「もてなし」とは、どのようなことを言おうとしておられるのか、その具体的に意味するものが語られないままに、このことばで閉じようとされます。
 私ははぐらかされた気持ちで、そのまま本を閉じました。【1】
 
 以下に、本書で私がチェックしたことを、備忘録として引用して列記しておきます。

 いまから二千年程前中国に『易経』という書物があった。中国の儒教の教えをまとめたものである。そのなかに「観国之光 利用賓于王」という言葉が出ている。日本語読みで訓読してみると「国の光を観るはもって王の賓たるに用いるによろし」となる。辞書等によるとこれが「観光」の語源だとされる。(8〜9頁、引用者注・これに続いてその意味を解説するくだりは、私にはその意味するところがよくわかりませんでした。)
 
 幕末日本がオランダに発注した洋式軍艦は「観光丸」(他の一隻は有名な「成臨丸」)と命名されたが、その名の通り開国後海外視察団や海外への留学生の渡航に使われた。まさに外国の「光」を心をこめて学ぶための船であった。極めつきは明治4年右大臣岩倉具視が国の命を受けて欧米の政治経済事情視察団長として海外に派遣されたときのことである。帰国後に帰朝報告書が国に提出され、それが内閣(太政官)から公刊された。図1-1のように表題が「観光」と大書されていることに注目したい。外国の「光」を観、かつ学んで来た報告書の題として国の刊行物に「観光」という言葉がその語源通りの正確な意味で使われている。(11頁)
 
 しかし当時(引用者注・『万葉集』の時代)の観光は高貴な人、富裕な人中心のものであった。このような限られた人の観光が一般市民も広く参加する大衆的な行動にひろがっていくのは室町時代以降とみられる。この時期から伊勢神宮への一般人の参詣が許されるようになった。また庶民の間で熊野詣も始まった。仏教の各地への普及に伴い寺院が各地に建立される。このような寺社への参詣旅行が庶民の観光への大きい動機となった。また各地で山が信仰対象となる山岳宗教も普及。この頃から登山の慣習も広がる。この当時の神仏詣等の観光は団体旅行が中心であったといわれる。(36頁)
 
 江戸時代はこのように日本の大衆観光定着の時代となった。当時幕府の政策で架橋を極端に制限したため、徒歩旅行(今様にいうなら街道観光)が観光の中心になった。河を渡る際には、馬車等の利用ができなかったためである。このため安い経費で誰でも簡単に参加できる観光が普及することになった。車等によらず徒歩による旅行が中心となった日本独特の観光形態の原点はこの時期に形成されたのである。(38頁)
 
 欧米諸国の例も参考に日本版ともいつべき法人組織の"DMO"(広域観光推進機構)を結成する動きが各地でみられるようになってきた。国も先の「観光圏」構想をさらに前進させるものとしてDMOの設立を積極的に支援する体制を整えることになった。DMOは、民間主導型で設立されることを予定しているが、その候補となり得るしくみ設立を地域団体等と地方自治体が連名で計画し、国に登録して出発することになる。そのうえで具体的事業推進について国の財政支援も受けるみちがひらかれた。既に全国で100以上の登録準備地域が名乗りをあげており、今後の「広域観光」推進のしくみの中核としての活動が期待されている。(236頁)

 
 
 

posted by genjiito at 06:00| Comment(0) | ◎国際交流
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。