2017年05月16日

京洛逍遥(447)観光でポケット版の音声案内が使える日が近い

 これから観光のお伴となる、便利なグッズのモデルケースが、我々の日常に提供されました。「宮内庁参観音声ガイド」というスマホ用のアプリとして、今日16日からiPhone 版が無料で配信されました。Android版はもう少し先のようです(讀売新聞、2017年5月16日・夕刊)。

170516_guide1.jpg

 このアプリを使うと、皇居と京都御所をわかりやすく案内してくれます。立ち止まってガイドブックを見たり、掲示されている説明を読むのは、小さな文字を読むのが面倒な歳になると、なかなか大変でした。それが、このアプリでGPS機能を使うことで、指定されているエリアに立つと自動的に音声ガイドや写真が流れるのです。これは歩き回るのが楽しくなります。ブラブラと歩きながらの観光にも重宝しそうです。これは大助かりです。そして、ガイドさん受難の歴史の始まりです。

 以下に、「Map」「List」「Info」の3画面を紹介します。

170516_guide2.jpg

--------------------------------------

170516_guide3.jpg

--------------------------------------

170516_guide4.jpg

 現在のところ、次の6種類の言葉に対応しています。

日本、英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語


 最近特に多くなった、スペイン語話者の存在を忘れていないところがいいと思います。

 目が見えない方のために、スマホを物体にかざすと、それが何であるかを声で教えてくれるアプリがあります。
 そんな時代の流れを意識して、私は、ペンでなぞると写本に関する音声案内が流れる仕掛けを考えました。目が見えない方々に限らず、見える方々も写本の変体仮名を読んだり学習する方法として、昨年の科研で取り組み、一部を実現しました。

「民博で古写本『源氏物語』の触読研究会」(2016年12月10日)

 写真や音声を活用し、日常生活を魅力的にする小道具は、今後ともアイデア次第でいろいろと出てきそうです。また、産み出したいと思っています。
 楽しい時代になりました。大いに満喫したいと思います。
 
 
 

posted by genjiito at 23:56| Comment(0) | ◎京洛逍遥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。