2017年03月27日

突然姿を消してしまった一本のネジ

 引っ越しで、手作りの椅子を解体していた時のことです。
 娘が使っていたものを、足継ぎに作り替えた愛着のある椅子です。これは処分せずに、京都でも使い続けるつもりです。
 組み立てに、六角レンチが必要なネジを使っていたので、ねじ回しの先端を取り替えて使う、ちょうどいい大きさの六角形のビットを用意しました。
 その前に別の解体があったので、先端をプラスのネジに取り替え、同時進行で解体をしていました。
 別の作業が終わってから、六角ねじに合う3センチほどの長さのビットを探したところ、身の回りのどこにも見あたりません。
 右膝横に一時的に置いて作業をしていたので、探す範囲は限られています。それなのに、いくら探しても見あたりません。やることがいっぱいあるのに、こんな事で無駄な時間を費やすわけにはいきません。
 工具類を入れ終えたダンボール箱を探し出し、ガムテープを剥がし、何か代わりになるものがないかと掻き回したところ、アップルの製品によく使われる星形のねじ回しを見つけました。この星の尖りが六角レンチと一致するものがありました。なんでもかんでも、私は後生大事に持っています。それが、今回は、いや今回も幸いしました。
 ほとんどの整理をすべて終えても、やはりあの六角形のビットは見つかりません。畳の隙間も、部屋の隅にもないのです。荷物のなくなったがらんとした部屋のどこかで、じっと息を潜めて、私が退去していくのを見ているのでしょうか。
 何とも不思議な出来事に心をかき乱されながら、丁寧にドアを閉めて部屋を出ました。
 
 
 

posted by genjiito at 20:02| Comment(0) | *身辺雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。