2017年03月23日

東京電力だけ引っ越しに伴う解約ができません

 東京を引き払うために、いろいろな契約を解除しています。
 郵便、電話、インターネット、水道、ガスは、何の問題もなくクリアしました。
 しかし、東京電力だけは、延々と時間との格闘の末、今の私の力量では不可能であることがわかりました。
 今日はギブアップします。
 書くと、今日の数時間の孤軍奮闘が長文となります。
 そんな余裕がないので、書くのは控えておきましょう。
 スーっと解約できた方にとっては、何をそんなに時間と手間をかけて遊んでいるのか、と思われることでしょう。
 それが、一度嵌まると、この伏魔殿への道はまったく開けません。
 解約をするだけのために、ネットの会員になれというので、仕方なく面倒な手続きをしてなりました。
 しかし、それも登録情報が一致しないとのことで、無情にも弾かれます。
 この解約という一時を果たすためだけに会員になったようなのに、中に入れてもらえないのです。
 電話はもちろんのこと、ネットでもコミュニケーションがとれないのです。
 電話は、午後6時を過ぎると非常電話に切り替わり、恐ろしいことになります。
 スマホを再起動させないことには、電話は切れません。
 東京電力は、原発事故の対応でもわかるように、国民から遠い、ハードルが高い会社のようです。
 おそらく、できる時には、あっけなく簡単に解約できるのでしょう。
 さて、明日の再挑戦はどうなるのでしょうか。
 まさかの場合には、日比谷図書文化館の近くにある東京電力の本社へ行けば、解約できるのでしょうか。
 やることは山ほどあるのに、この東京電力の解約作業にとてつもないエネルギーが吸い取られています。
 日頃は気づかないことなのに、こんな時に限って見たくもない姿に出くわし、いやな思いをさせられています。
 東京電力さん、勘弁してくださいよ。
 
 
 

posted by genjiito at 23:03| Comment(0) | ◎情報社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。