2016年08月15日

今年も庵主さんをお迎えしてのお盆でした -2016-

 今年も、同志社大学の近くにある養林庵の庵主さんが、お昼前に我が家に来てくださいました。
 ご自分の足で玄関までいらっしゃいます。
 今年で95歳です。
 しっかりとした足取りで、お話もいつものように多彩です。

 両親が満州から大切に持ち帰った木魚は、軽快な音で読経を盛り上げています。


160815_anjyu1




160815_anjyu2




 今年のお盆は、長男と娘夫婦、そして姉と甥っ子3人が集いました。
 読経の後の庵主さんとのお話は、いつもみんなが楽しみにしています。
 今日は、娘が点てたお薄がきれいな泡立ちで、味もすばらしいと絶賛してくださいました。
 庵主さんは、お茶の先生もなさっていた方です。
 やがて、裏千家と表千家のことや、庵主さんが最近読んだ本のことなど、和やかな会話がつづきました。
 車までお見送りした時も、また来年も元気で、と言葉を掛け合いました。

 お昼は、息子が作った本格的なイタリア料理を、仏壇の前で、わいわいがやがやと食べました。
 子どもたちが多いと、大皿に山盛りのいくつもの料理も、あっというまになくなります。
 私が小食なので、我が家では年に一度あるかないかの大食事会です。

 今年は、骨折した私の足の状態が思わしくないので、河内高安への墓参は長男一人に託しました。
 やがて、突然の大雨も、すぐに止みました。
 明日は京都五山の送り火です。
 ご先祖さまに守られながら、家族親族みんなが元気でいることに感謝する一日でした。
posted by genjiito at 21:34| Comment(0) | *身辺雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]