2016年01月29日

日比谷でハーバード本「蜻蛉」巻を読む(その27)

 まずは、鎌倉時代中期に書写された榊原本(国文学研究資料館蔵)について、概略をお話しました。

 続いて、点字によって変体仮名を翻字できるようにできないか、ということを、本ブログ「点字による変体仮名版の翻字は可能か(4/from 渡邊)」(2016年01月28日)を紹介しながら考えました。

 さらに、挑戦的萌芽研究のオンラインジャーナル(創刊号)に掲載予定である、淺川槙子さんの「明治33年式棒引きかなづかいの今」を読みながら、問題点の所在を確認しました。こうした問題は、ずっと引きずったままで今に至っているのです。
 ひらがなを表記してきた歴史は、これからを見据えて再確認しておく時期にあると思っています。

 この日は、ハーバード大学美術館蔵『源氏物語』「蜻蛉」の24オモテ6行目から25ウラ最終行までの文字を確認しました。これまでで一番多く進んだことになります。

 ここは、比較的問題の少ない箇所で、今の感覚のままで多くのひらがなが読めます。これまで以上に進んだのは、こうしたこともあります。

 その中でも、注目したことを一例だけとりあげましょう。
 まず、写真をご覧ください。


160129_onajimojiretsu




 これは、24オモテの7行目と8行目の行頭部分です。
 ここでは、7行目の上から2文字めから「万いり給へといへ八」と書写されています。
 その右横の8行目の行頭には、「まいり給へといへ八」とあります。
 語頭の「万」と「ま」が違うだけで、あとは書写されている文字の姿形はほとんど同じです。安定した書き振りである、といえます。

 普通は、同じ字母が隣同士に並ぶことを避ける傾向があります。そこで、字母を変えたりします。しかし、ここでは、語頭だけ字母が異なるものの、それ以下はまったく同じなのです。

 おそらく、書写に当たって見ていた親本もそうだったと思われます。この写本の書写者が、親本通りに書写していることがわかる例でもあります。個人の書写癖や個性の表出がない写本となっているのです。淡々と書写していたようです。

 8文字も同じ文字が左右に並ぶことはめったにないので、ここで紹介しておきます。

 なお、この箇所での本文異同について確認しておきます。
 後者の「まいり給へといへは」が書写されていないのは、議会図書館本『源氏物語』と保坂本だけです。ただし、共に「侍従の君よひ出てまいり給へといへは」と17文字がないので、これはちょうど1行分が同じ文字列に目移りして脱落したものだと言えます。諸本に異文はありません。
posted by genjiito at 22:19| Comment(0) | ◎NPO活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]