2015年09月16日

京洛逍遥(375)賀茂川で見かけた珍しい光景

 先週末に、賀茂川で見かけた意外な風景を。
 賀茂川の散策路を自転車で下っていたところ、川岸の草叢に2匹の鹿の姿が見えました。
 賀茂川と高野川が合流する地点で、賀茂大橋の少し下流です。


150913_sika1




150912_sika2




 昨年も、京都五山の送り火の日に、3匹の鹿を見かけました。そのことは、「京洛逍遥(361)賀茂川の水鳥たちと珍獣」(2015年07月02日)の記事の最後に、鹿さんたちの写真を掲載しました。

 今年も賀茂川に鹿が出没することは、京都新聞(2015年09月10日)に「仲良シカな? 上京・鴨川河川敷」として掲載されていました。

 奈良公園ではよくみかける鹿も、京都では珍しいはずなのに、近年はよく出没するようです。
 自然環境が変わってきているからでしょうか。

 そんな中、賀茂川でボートを漕いでいる人がいました。
 外国の方です。
 ゴムボートに乗り、カヌーで使う手漕ぎのパドルを器用に操作して流れに乗っておられました。


150912_boat




150913_boat2




 賀茂川で、これは認められているのでしょうか。
 賀茂大橋の後ろには、比叡山が望めます。
 
 「京都府鴨川条例」というものがあります。
 このサイトを見たところ、ボートやカヌーのことは記されていないようです。

 初めて見た光景なので、その行動の意外さに驚きました。
 これが認められたら、賀茂川は大変なことになりますね。

 文化祭のシーズンを迎える季節だからというのではなくて、散策路や河原では、楽器やダンスの練習をしている人が多くなりました。春先と秋口は毎年そうなのです。


150720_gakki




 この川には、さまざまな人々が集うので、いつ通っても飽きません。
posted by genjiito at 00:57| Comment(0) | ◎京洛逍遥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]