2015年06月14日

2015年度 第1回「古写本『源氏物語』の触読研究会」

 本年度より新規採択となった科研「挑戦的萌芽研究」の第1回研究会を、皇居のお堀端に聳える千代田区役所10階にある千代田図書館会議スペースで開催しました。


150614_chiyoda




 ご多忙の折にもかかわらず、9名ものみなさんが集まってくださいました。
 この科研のメンバーは実に多彩な方々なので、今後とも楽しく共同研究が進められそうです。
 今日の研究会は、その期待感を大きく膨らませる機会ともなりました。

 今日のプログラムは以下の通りです。


⑴ 挨拶(伊藤鉄也)
⑵ 自己紹介(参加者全員)
⑶ 科研の趣旨説明(伊藤鉄也)
⑷ 本科研ホームページの説明(関口祐未)
⑸ 2015年度の研究計画(伊藤鉄也)
⑹ 研究発表「明治33年式棒引きかなづかいの今」(淺川槙子)
⑺ 共同討議(用語確認と実験方法など、参加者全員)
⑻ 連絡事項(関口祐未)



150614_kaigispace




 多くの意見や提言をいただき、収穫の多い集まりでした。
 その詳細は、後日、研究会の活動報告としてホームページでお知らせします。

 近くの中華料理店に場所を移しての懇親会でも、啓発されることばが飛び交う、非常に刺激的な時間をみなさんと共に持つことができました。ありがとうございました。

 あまりにも多くの得難い情報をいただいたので、今ここにまとめる余裕がありません。
 取り急ぎ、3つだけ記しておきます。

(1)私は「視覚障害」ということばに抵抗があり、これまで素直に使えませんでした。「目が不自由な方」などという言い換えた表現で逃げることが多かったのです。しかし、今日のみなさんのお考えを伺い、この「視覚障害」ということばをこれからは躊躇わずに使おう、と思うようになりました。

(2)『源氏物語』の古写本という書写資料を通して、それを読むことによる楽しさやおもしろさを、視覚に障害がある方々と共有することを、これまで以上に意識したいと思います。自分がおもしろくて楽しいと思っていることを、うまく伝えられる方策を探っていきます。

(3)ホームページのサイト名を、「源氏写本の触読研究」としていました。しかし、今後は「古写本『源氏物語』の触読研究」にすることとします。それにともない、本科研の研究会も「古写本『源氏物語』の触読研究会」と呼ぶことにします。

 その他、点字・墨字・かなづかいの問題点などなど、多くの課題は後日ということにします。

 本科研のとりまとめ役を担当してもらっている関口さんが、新しく板に変体仮名を刻んだ成果をみせてくださいました。みんなで触り、いろいろな意見を交換しました。


150614_kibori




 浮き出し文字の検討も、いろいろと課題が山積しています。しかし、とにかく具体例をもとにして、丁寧に確認をしながら一歩ずつ歩んでいきたいと思っています。

 本科研の趣旨と研究計画は以下の通りです。
 今後とも、多くの方々からご理解とご協力がいただけるように、積極的に情報発信をし、成果を共有する中で課題を実現して行きたいと思っています。
 ご支援のほどを、どうぞよろしくお願いいたします。


■課題名 等■
挑戦的萌芽研究/課題番号:15K13257
「視覚障害者と共に古写本の仮名文字を読み日本古典文化を共有するための挑戦的調査研究」
研究代表者:伊藤鉄也(国文学研究資料館)
 
■研究の目的■
 現在、視覚障害者(以下、触常者という)の読書活動は受動的である。近年、パソコンの活用により、触常者の読書スタイルが多様化し豊かになった。しかし、点字と音声だけでは、先人が残した文化遺産の受容に限界があり、温故知新の知的刺激を実感し実践することが困難である。そこで、日本の古典文化を体感できる古写本『源氏物語』を素材として、仮名で書かれた紙面を触常者が能動的に読み取れる方策を実践的に調査研究し、実現することを目指すこととした。墨字の中でも平仮名(変体仮名)を媒介として、触常者と視覚に障害がない者(以下、見常者という)とがコミュニケーションをはかる意義を再認識する。触常者と見常者が交流と実践を試行しながら、新たな理念と現実的な方策の獲得に本課題では挑戦するものである。
 
■平成27年度の研究実施計画■
 ハーバード大学本『源氏物語』「須磨」には、『源氏物語』54巻の中でも最多の48首もの和歌が出てくる。その中から触読にふさわしい和歌をいくつか取り上げ、その和歌の前後の本文を古写本から抜き出し、変体仮名を読むための実験素材とする。
 1枚のシートに700年前の変体仮名で書かれた文字列を浮き上がらせ、平仮名だけでも手の感触で識別、認識できるように実験と実習を行う。この触読が可能となれば、目の見える人と目の見えない人の距離は相当縮まることになる。その際、古写本の連綿体の文字はつながっているので、初心者用としては1文字ずつに切れ目を入れたものも試作し、試行錯誤を繰り返す中で実用的な教材作成をめざしたい。1頁に10行、1行に15文字ほどある教材を準備して当たる。1文字の大きさは10ミリ前後である。
 この試作教材で、全国の視覚特別支援学校と盲学校の児童生徒のみなさんに体験学習をお願いし、研究協力者の指導と評価の下で、変体仮名の触読を実現する可能性を探る。併せて、ハーバード大学本『源氏物語』に書写されている文字を、教材化した部分から1文字ずつ切り出して、立体コピーによる『変体仮名触読字典「須磨」編』を作成する準備に着手する。平仮名を中心とした、変体仮名の学習のためである。
 同時進行として、点字による中学生レベルの『点字版古文学習参考書「須磨」編』の編集も進める。仮名文字が触読できるようになれば、次には文字列が構成する古語の理解を深めることが、古文としての『源氏物語』を読解する上では不可欠となる。さらに、古文の理解へとステップアップできるように、その学習環境の整備も常に心がけて対処していきたい。内容は、あくまでも「須磨」巻で教材化した部分を中心とした範囲に留め、平易な解説となるように心がける。この過程で、音声による支援も加味することで、実効性の高い触読学習指導システムを構築したい。
 研究経緯と成果は、ホームページを立ち上げて公開する。
 
■平成28年度の研究実施計画■
 『変体仮名触読字典「須磨」編』の作成と共に、古文の理解を手助けするための学習参考書『点字版古文学習参考書「須磨」編』の完成を目指す。共に、中学生向けの字書と参考書をイメージしている。触常者と見常者とのコミュニケーションにおいて、日本の伝統文化に関して意思の疎通をはかる方策の提示が必要である。その具体的な例示の一つとして、読み書きに用いる文字というツールの相違とその理解について、字書と参考書の編集によって実体を踏まえた配慮をする。この参考資料と参考書によって、文学と歴史の理解を深めることになり、日本の文化の多様性を体験的に実感できる環境作りと構築を推進することになる。
 変体仮名の読解については、前年度に引き続き、体験・実験・実習を継続する。触読する和歌を少しずつ増やすことにより、変体仮名の感触が習得できた時点で、物語の本文部分も理解が及ぶようにしたい。また、1頁に書かれた文字がそれぞれに姿形を変えて書写されていることを、古写本1頁分の大きさである15cm四方のスペース全体を触ることで、書写されている実体を体感することにも挑戦したい。ここから、日本独自の美意識による書写芸術や書道文化への理解へとつなげることもできる。墨継ぎによる文字の濃淡や大小と、同じ読みの仮名であってもあえてその仮名文字の元となる漢字(字母)を変えて書いていることなども、紙面全体の感触から体感できるようにしたい。
 仮名習得のプロセスは丹念に記録として残すことで、触常者が今後とも変体仮名学習の手引きとなるように、実験実証の過程を客観的に記述して整理する。
 研究経緯と成果は、ホームページを通して随時公開していく。
posted by genjiito at 23:56| Comment(0) | ◎源氏物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]