2015年04月27日

神奈川近代文学館で谷崎潤一郎展を観る

 神奈川近代文学館で、谷崎潤一郎の没後50年を記念した「谷崎潤一郎展 絢爛たる物語世界」(2015年4月4日(土)〜5月24日(日))が開催されています。

 時間の隙間を縫って、先週行ってきました。


150427_tanizaki1




150427_tanizaki2




150427_tanizaki3




 谷崎潤一郎の単行本などが実際に見られたことは、新鮮な感動でした。
 現在私は、新書版の全集本で谷崎作品を読み、本ブログで「谷崎全集読過」を連載しています。
 刊行された当時の本の装幀などを見ると、やはりその作品の間近に迫った思いがします。

 さらには、さまざまな貴重な情報が得られました。

(1)谷崎潤一郎全集 全26巻刊行


150427_tanizakipanf1




150427_tanizakipanf2




(2)喜劇 台所太平記 明治座


150427_tanizakipanf3




150427_tanizakipanf6




 没後50年のイベントを機に可能な限り情報を集めて、谷崎の作品世界を楽しみたいと思います。

 会場でいただいた展観図録(112頁)も、興味深い情報満載でした。


150427_tanizakibook





<寄稿>
端境期の谷崎潤一郎(紀田順一郎)
萌黄の闇の彼方−『蓼食ふ虫』考(辻原 登)
佐藤春夫宛谷崎潤一郎書簡の衝撃(千葉 俊二)
<目次>部門解説(千葉 俊二)
序章 幼少時代/
第一部 物語の迷宮
第二部 〈永遠女性〉の幻影
終章 老いの夢


 表紙の上に置いたピンクのバッジは、図録を購入した時のくじ引きの景品です。
 ぜひ、これも手に入れてください。

 また、会場に置かれていたワークシートは、谷崎に関する興味を掻き立てます。
 参考までに、それを紹介しておきます。
 試しに、各設問にチャレンジしてはいかがでしょうか。


150424_tanizakiworkseet1




150424_tanizakiworkseet2




 会場への入館が遅かったので、足早に見ることとなりました。
 もう一度、再確認の意味でも、ゆっくりと見たいと思っています。

 会場を出ると、港と橋に横浜らしさを感じました。


150427_tanizaki4




 久し振りに元町を散策し、満ち足りた想いで帰途につきました。
posted by genjiito at 23:35| Comment(0) | □谷崎読過
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]