2014年04月26日

一仕事終えた後お茶のお稽古で新緑の平群へ

 午前中は大阪市内で、神社関係の方との香道に関する情報収集と打合せをしていました。明日以降の調査の準備のためです。

 その後、お茶のお稽古のために平群へ向かいました。
 最近は、1ヶ月に一度行くのもなかなか大変になりました。やる気はあるのです。しかし、なかなかお稽古に行く時間が確保できないのです。

 平群は、新緑の季節となっています。
 竜田川は、いつも季節の移り変わりを教えてくれます。


140426_heguri





 今日のお稽古は、丸卓を使った薄茶の復習です。
 先日来、家で何度か妻を相手にやっていました。しかし、我流になっていたことを知りました。身体で覚えるように言われています。微調整しながら続けていきたいと思います。

 自分が思うようにできないことを続けるということは、なかなか楽しいものです。ほんの少しでも無意識の内にできるようになると、嬉しいものです。

 お点前の手順を確認しながら新しいことを覚えるのは、自分が成長していく様子がわかるので充実感が味わえます。日常生活で、そうした実感を得ることが少ないだけに、これも貴重な体験となります。

 茶道がいろいろな道を経て今に伝えられ、多くの方々が茶道と関わっておられる背景と意義が、少しずつ理解できるようになりました。これも、半歩でも前進したからこそ、そう思うのでしょう。
posted by genjiito at 23:58| Comment(0) | *美味礼賛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]