2014年03月10日

京都いちひめ雅楽会の定期公演会へのお誘い

 京都いちひめ雅楽会の藤井友子さん(篳篥)が、以下の情報を送ってくださいました。
 3月22日(土)は、何かと多忙な年度末のため、私はおそらく京都へ帰れないと思います。
 ぜひとも参加したいと思いつつ、私のところで留めるには惜しい情報なので、ここに引用してお知らせいたします。

 また、英文付きなので、現在科研で取り組もうとしている平安文学関連のグロッサリーに、可能な範囲で活用させていただこうと思っています。

 取り急ぎ、昨日からの時差ボケで覚束ない指先で、ご報告まで。


We would like to inform about the 26th regular concert of Gagaku by Kyoto Ichihime Gagaku Ensamble. Gagaku is traditional court music and dance of Japan. You will find Karyobin, Kocho and Seigaiha which were scribed in the Genji Tale. We are very happy if you as academic researchers of the Genji Tale could come to our concert.

京都いちひめ雅楽会、第26回定期公演会のご案内をお送りします。今回は、源氏物語に描写されている迦陵頻・胡蝶・青海波(輪台・青海波)を奏します。源氏物語を研究なさっています皆様に是非ご覧頂きたいと存じます。

The 26th regular concert of Ichihime Gagaku Ensemble
(Access: http://www.kyoto-ongeibun.jp/kyotoconcerthall_e/map.php)
MARCH 22. 2014. (SAT) 6 - 8 pm.
At the Ensemble Hall MURATA / Kyoto Concert Hall

いちひめ雅楽会 第26回定期公演
2014年3月22日土曜日18時-20時
京都コンサートホール・アンサンブルホールムラタ
(アクセス:http://www.kyoto-ongeibun.jp/kyotoconcerthall/map.php)

Kangen: Orchestra music by brass, string, percussion and voice.
Etenraku (most popular music of Gagaku) / Kashin (Voice with brass and string instruments)/ Konju (music of drinking foreigner)

管絃:
平調 越殿楽(雅楽でもっとも代表的な曲)/朗詠 嘉辰(めでたい席で奏する歌と器楽演奏)/壹越調 胡飲酒破(異国の人が酒を楽しむ様子を曲にしたもの)

Bugaku: Dance with music by brass and percussion.
Enbu (Purify of the stage with spears) / Karyobin (Birds of paradise) / Kocho (Foreign butterfly) / Seigaiha (Waves in blue ocean) Chogeishi (Music for public leaving from the hall)

舞楽:
振鉾(鉾を振って、舞台を清めます)/迦陵頻(極楽にいる人面鳥の姿を舞にしたもの)/胡蝶(異国の珍しい蝶の姿を舞にしたもの)/青海波(4人舞の輪台と2人舞の青海波からなる組曲)
長慶子(観客の退出時に奏する曲)

Entry ticket (free of charge) is needed. Please let me know how many tickets you will have. You can get them with your name at the Lobby of the concert hall. I'm looking forward to seeing you on March 22th!

入場無料、ただし入場整理券(自由席)が必要です。
必要枚数をお知らせ下さい。公演当日、受付に入場整理券をご用意します。
みなさんの、ご来訪心よりお待ち申し上げます。

Tomoko Fujii (Member of Kyoto Ichihime Gagaku Ensamble / Hichiriki)
藤井友子(京都いちひめ雅楽会会員・篳篥)

posted by genjiito at 22:12| Comment(0) | ■古典文学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]