2014年02月27日

『源氏物語』に関連する最新情報3つ

(1)来月下旬に、パリで『源氏物語』に関するシンポジウムが開催されます。
 昨日の伊藤科研の研究会の後、清水婦久子先生から詳細な情報をいただきました。
 後で、科研のホームページ(http://genjiito.org)に、プログラム等の詳しい情報が掲載されます。

パリ国際シンポジウム「詩歌が語る源氏物語」
 日時︰2014年3月21・22日
 場所︰パリディドロ大学

 
 
(2)本日の「京都新聞」(2014年2月27日)の「まちかど」欄(22面)に、NPO法人〈源氏物語電子資料館〉の活動の1つである、『源氏物語』の古写本を読む会のお知らせが掲載されました。

140227_matikado




 「京都新聞」には、折々に掲載していただいています。すでに、この記事を見て参加して下さっている方が数人いらっしゃいます。また新たな方々との出会いがあれば幸いです。

 京都御所南にある京町家「ワックジャパン」で、毎月1回のペースでかな文字を読んでいます。鎌倉時代に書写された、ハーバード大学美術館蔵『源氏物語』「蜻蛉」巻を読み続けています。
 私は、このハーバード本は『源氏物語』の中でも最も古い書写本の1つだと思っています。

 興味のある方は、資料を用意する都合がありますので、事前に連絡をお願いします。
 
 
(3)次も本日の「京都新聞」(2014年2月27日)に、「市川海老蔵”新・光源氏”誕生」と題する、京都南座の広告が掲載されていました。
 「市川海老蔵特別公演 歌舞伎×オペラ×能楽 源氏物語」とあるので、コラボのようです。
 期間は、2014年4月5日(土)〜21日(月)まで。
 場所は、京都四條南座です。
 これについても、後で科研のホームページ(http://genjiito.org)に、海老蔵が製作発表会見で語ったことなどをまとめた詳しい情報が掲載されます。
posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | ◎源氏物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]