2013年08月16日

京洛逍遥(284)京都五山の送り火 -2013-

 今日は京都五山の送り火です。
 去年は、京大病院から如意ヶ岳の大文字を見ました。「お墓参りと大文字の送り火-2012」(2012/8/16)の後半に、如意ヶ岳に展開する光の饗宴を書いています。

 昨年に較べると、とにかく暑いの一言しかありません。
 そんな中、お昼に銀閣寺門前へ行きました。
 大文字保存会が設置しているテントで護摩木を書き、山上への搬送を託して来ました。
 この護摩木は、今日の午後3時まで受け付けていました。そして、集まった松割木や護摩木を奉仕の方々が背負って如意ヶ岳に上り、火床に並べ、午後8時ちょうどに点火されるのです。

 
 
 
130816_daimonji1
 
 
 

130816_daimonji2
 
 
 

130816_daimonji3
 
 
 
 銀閣寺道から如意ヶ岳を見上げると、点火の準備が着々と進んでいる様子がわかります。
 ごくろうさまです。
 
 
 
130816_daimonji4
 
 
 

 今年の送り火は、京大病院からではなく、自宅から少し南にある出雲路橋に行き、さらに南に下った河原から京大裏の大文字の送り火を見ました。

 最初は点として火がチラチラと見えます。
 
 
 
130816_nyoi1
 
 
 

 これがやがて大きな「大」の字になります。
 
 
 
130816_nyoi2
 
 
 

 この炎の列の中に、我が家の祈りを託した護摩木が1本あると思うと、「大」の字が薄くなり、そして消えるまで、賀茂の河原を動けません。
 
 
 

130816_nyoi3
 
 
 

 来年は、どこで見ることになるのでしょうか。今から楽しみです。
posted by genjiito at 23:32| Comment(0) | ◎京洛逍遥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]