2013年03月09日

歯医者さんに歯を噛みしめないでと言われて

 昨秋、前の差し歯3本を作り直しました。半年も経たない昨日、突然その内の1本が取れました。

 京都へ帰る前に、江戸深川の歯医者に立ち寄って直してもらいました。

 前歯なので、見た目も大事ということもあり、セラミックで作ったものです。しかし、取れた歯を見ると、根元から抜けた感じです。

 歯医者さんの説明では、根元の歯が折れ、支えの金属も折れているのだそうです。原因は、やはり歯を食いしばっていることにあると……

 歯医者さんからは、このまま歯を食いしばる日々が続くと、顎を手術することになる、との警告を以前から受けています。寝るときには、マウスピースを嵌めています。

 しかし、いくら食いしばるなと言われても、無意識にそうなっていることなので、自分ではどうしようもありません。

 これまでにも、この歯のことは何度か書いて来ました。
 
「歯医者さんに通い突貫工事の日々」(2012/10/2)
 
「マウスピースを着けて寝る」(2012年11月19日)
 
「歯を食いしばる日々から脱却する方法は」(2013年1月10日)
 
 肩の力を抜いて、頑張らない生活を心がけるしかありません。しかし、それも……なかなかの難題です。

 今は、マウスピースをしっかりと填めて、ゆっくりと寝ることを意識した生活をはじめようと思っています。

 いろいろな方々に迷惑をかけると思います。あらかじめお詫びを記しておくことで、自分への負担を軽くしておきます m(._.)m
posted by genjiito at 00:11| Comment(0) | *健康雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]