2013年03月07日

銀座探訪(27)西洋サクラソウと書道展

 久しぶりに「銀座探訪」の記事となります。1年半ぶりです。

 銀座というと、コナミスポーツクラブでスイミングやフィットネスをしていた頃は、毎日のように仕事帰りに立ち寄っていた馴染みの街でした。しかし、2011年9月5日にコナミを退会してからは、やはり足が遠ざかりました。宿舎から自転車で15分の至近の距離であっても、休日にわざわざブラブラしに行くということもなくなったのです。
 この経緯については、「スポーツクラブを退会」(2011年9月30日)に書いた通りです。

 さて、銀座のミキモト真珠店の前は、いつもきれいな花やディスプレイが目を楽しませてくれます。「銀座探訪(24)粋なミキモト真珠の店先」(2010年6月 3日)
 その店先で、今年は西洋サクラソウがみごとに咲いているのを見かけました。折しも、ミキモト真珠発明120周年の記念の年なのだそうです。
 
 
 
130306_mikimoto120
 
 
 

 先週の雛祭りの日に京都の植物園で見た西洋サクラソウは、まっ白で清楚な感じでした(「京洛逍遥(260)植物園の草花展と半木神社」(2013年3月 3日))。

 このミキモトの花は銀座らしく、人目を惹くような鮮やかなプレゼンとなっています。120年という文字を強調したかったのでしょうか。白い花が一鉢もないのが印象的でした。
 
 
 
130306_sakurasou2
 
 
 

 隣の木村屋でうぐいすパンとよもぎパンを1つずつ買い、銀座4丁目を西に渡った大黒屋6階ギャラリーで開催されている書道展「春光こでまり会書展」へ行きました。
 
 
 
130306_syodouten
 
 
 

 仮名を中心とした作品展で、お目当ての作品は、古今集の撰者でもある凡河内躬恒の歌でした。


    みつね
道しらはたつね
もゆかむもみち
 はをぬさとた
  むけて秋は
   いにけり


 この歌は嵐山の紅葉を詠んだものと思われます。
 そして、息子の『百人一首』の持ち札でもある、菅原道真の「このたびはぬさもとりあへず手向山もみぢのにしき神のまにまに」を連想させます。

 躬恒というと、この時期には次の古今集の歌が浮かびます。


  春の夜、梅の花をよめる

春の夜の闇はあやなし梅の花いろこそ見えね香やはかくるる


 手元にある架蔵『探幽筆 三拾六哥仙』には、こんな躬恒の姿が描かれています。
 参考までに紹介します。
 
 
 
130306_mitune
 
 
 

 この絵は、まだ復元し終えていないものです。
 これに関する詳細は、「架蔵『探幽筆 三拾六哥仙』の復元」をご参照ください。
posted by genjiito at 00:12| Comment(0) | ・銀座探訪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]