2013年01月11日

井上靖卒読(154)「あした来る人」「その人の名は言えない」「どうぞお先に」

 今回とりあげた「あした来る人」と「その人の名は言えない」は、共に短編小説です。しかし、長編小説でも同名の作品があります。そして、共に映画化されています。
 各項目の末尾に、これまでに「井上靖卒読」として書いた記事へのリンク先を示してあります。
 また、「どうぞお先に」も同名の作品があります。それについては、後日紹介する予定のものです。
 
 
■「あした来る人」
 長編小説『あした来る人』の後日談風に展開します。本編を知らなくても、充分に人間の関係とそれぞれの生きざまがうかがえます。短い中に、人間が点描されています。『井上靖全集 第5巻』(1995年9月、新潮社)に初めて収録されたものです。【2】
 
 
初出紙:朝日新聞
掲載日:1956年1月3日(朝刊)
連載回数:1回
 
井上靖全集5:短篇5

※昭和28年以後に朝日新聞に連載された小説4編のうちから選ばれたもので、連載された小説の続きを作者がコメント風に書いた「小説その後」の1つ。長編『あした来る人』は1955年2月に朝日新聞社より刊行されている。
(『井上靖全集 第5巻』巻末の解題による)
 なお、長編小説『あした来る人』については、本ブログ【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(21)『あした来る人』」(2007/12/14)を参照願います。
 
 
■「その人の名は言えない」
 自分が小説の中で描いた女主人公に、現実の世界である銀座で出会った、という設定がおもしろいところです。読者との距離が微妙で、巧みな展開となっているのです。虚構と現実をうまく使い分けて、物語の楽しさを感じさせてくれます。興味深い掌編小説の1つとなっています。本作も『井上靖全集 第5巻』に初めて収録されたものです。【4】
 
 
初出紙:新大阪
初出日:1956年2月4日
 
井上靖全集5:短篇5
 
※なお、長編小説『その人の名は言えない』については、本ブログ【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読・再述(5)『その人の名は言えない』」(2011/2/5)を参照してください。
 
 
■「どうぞお先に」
 人が持つ、人と自分を比べることで行動を規制する様子が、子どもの目と心を通して語られています。
 小学校の運動会のことや中学での鳩のレースのことなど、いずれも主人公には自分が同級生の戸石に勝った実感がないのです。すべて、父の上役の子である主人公に譲ったものだったからです。高校で同級となります。そして、一人の女性をめぐって対立します。そこでも、結婚後にも勝利感がないのです。
 昭和19年に満州から本土に引き揚げる船の中で、主人公夫婦は戸石と出会いますそして、船が転覆する時、彼は「どうぞお先に」と、生きる席を譲ってくれたのです。人間の立ち位置と、その人が持つ運命というものを、実にうまく語った秀作だと思います。【5】
 
初出誌:小説新潮
初出号数:1956年3月号
 
講談社文庫:北国の春
井上靖全集5:短篇5

※これと同名の作品に「どうぞお先に!」があります。
 これは、『きりん』(1948年9月号)に発表されたもので、『井上靖全集 第7巻 短篇7・戯曲・童話』に収録されています。
 
 
 
〔参照書誌データ〕
 井上靖作品館
 http://www2.plala.or.jp/baribarikaniza/inoue/
posted by genjiito at 22:25| Comment(9) | □井上卒読
この記事へのコメント
はじめまして

ネットで たまたま拝見させていただき、恐れ入りますが メールさせていただきました。

私、井上靖さんのファンです。
とりわけ、『あした来る人』が好きです。

ところが、今 コラムを拝読したところ、『あした来る人』には、長編と短編が存在するようです。

その事実を 初めて知りました。
ありがとうございます。

恐らく、私が好きなのは長編の方なんだろうと思い、ネットで検索して短編を購入させていただこうと思ったのですが、どの書籍を購入すれば、短編が収録されているのかが どうしても よく分かりません。

もし、可能であれば、どの本を購入すれば『あした来る人』の短編を読むことが可能なのか お教え願えませんでしょうか。

大変恐れ入りますが、何卒よろしくお願い致します。
Posted by 渡邉 憲英 at 2013年07月03日 02:05
拙い文章をお読みいただき、ありがとうございます。
 コメントを拝見しました。
 お問い合わせの「あした来る人」の短編作品については、私のブログ〈井上靖卒読(154)「あした来る人」……〉に記した通り、「朝日新聞」の1956年1月3日(朝刊)に掲載された後、単行本にも文庫本にも収録されずに来ました。
 これは、『井上靖全集 第5巻』(1995年9月、新潮社)に初めて収録されたものです。したがって、この『井上靖全集』でしか読めません。
 この『井上靖全集 全28巻+別巻』は、全国の公共図書館に置いてあります。少なくとも、私の周辺にある図書館には、すべてに配架されています。もしお近くの図書館にないようでしたら、少し大きな図書館か、他館からの取り寄せサービスを利用されたらいいかと思います。
 ネット書店で見たところ、1冊8千円以上していますね。
 ずっしりと重みが伝わる600頁で、贅沢な装幀の本ですので、ゆったりと読めると思います。
Posted by genjiito at 2013年07月03日 12:33
ご返信本当にありがとうございます。

さっそく『あした来る人』をネットで、購入させていただきました。中古品なので1,500円で購入することができました。

私は藤田宜永さんの著書もよく読みます。
今後、他のブログも読ませていただきます。

この度は 本当にありがとうございました。
Posted by N.W. at 2013年07月03日 16:39
おはようございます。
昨日はお世話になりました。

「どうぞお先に」も中学生の頃に1〜2度読んだきりですが、鮮明にストーリーを記憶しております。文庫『北国の春』に収録されているのでしょうか。
決して楽しいストーリーではありませんし、敢えてもう1度読みたいとも思いませんが、何故か長く記憶に残るストーリーです。
Posted by N.W. at 2013年07月04日 09:59
こんばんは

度々 すみません。

短篇の あした来る人 読破しましした。
物凄く短いので、相当に 拍子抜けしましたが、読むことが出来て、本当によかったです!!

少し違和感を感じたのは、大貫克平 が カラコルム に登った月から約1年2ヶ月後の作品ですよね!?

しかし、短篇の 梶大助 の言葉では 約2年経過しているような言い回しをしたところには 少し違和感を感じました。

八千代と曾根さんは 近いうちに一緒になりそうな雰囲気があります。
最近、梶の自宅を曾根が訪れているので、(八千代は梶の自宅に住んでいるので) 曾根と八千代は会っている可能性が大変高いです。

克平と山名杏子はどうでしょう!?
恐らく、克平との別離が辛過ぎて、杏子は体調を壊したのでは?
療養所への入院手続きや費用負担は (多分) 梶が負担していると思いますし、杏子は ほぼほぼ回復している様子なので 少し安心しましたが、恐らく 1度も克平とは会っていないと思いますし、銀座の洋裁店がどうなっているのかが心配です。

ただ、杏子が東京に戻ったら 克平と一緒になるようなニュアンスに (私には) 感じられます。

もちろん、井上靖さんは、全ての予想(想像)を読者に委ねていますが、梶大助のニュアンスから、克平のことが好きそうですし、どうしても2人が一緒になると言い出したら、やむを得ずではありますが、認めるような気持ちを (読後に) 感じました。

杏子は、計算上 今年で 83〜84歳。まだまだ ご存命可能な年齢です。

曾根 も 八千代 も 克平 も 杏子 も 各々 幸せな人生を送って貰えたらと (1読者ながら) 思いました。

本当に本当にありがとうございました。
Posted by N.W. at 2013年07月05日 00:11
コメントをいただいていることに気づきませんでした。大変失礼いたしました。
このブログのコメント欄は、非常に使い勝手が悪くて困っています。
今後とも、よろしくお願いします。
Posted by genjiito at 2013年07月16日 20:50
こんばんは

大変ご無沙汰しております。

お元気でしょうか!?

ところで、井上靖の三部作 (「しろばんば」「夏草冬濤」「北の海」) 限定の 「野良犬少年」というサイトが ございまして、(井上文学に) 大変造詣の深い 鷺水亭先生にも 是非是非 (サイトに) 遊びにきていただきたいのです。

この 野良犬少年というサイトは、年に何回か (実際に 主に 静岡県長泉町のクレマチスの丘の 井上靖文学館) 集まっているのですが、ほとんどのメンバーが必ず集合するのは 前年1月下旬の 「あすなろ忌」です!
あすなろ忌とは (鷺水亭先生もご存知の通り) 井上靖の命日前後の日曜日に開催され、井上家の御親族の多くが 必ず参加なさいます。

ただ、先ずは 鷺水亭先生にも PC上のサイト 「野良犬少年」に 遊びにいらしていただきたいです。

ちなみに、私は 「野良犬少年」のサイト上では 三鷹を名乗っていますが、本名は 渡邉です。

何卒よろしくお願い申し上げます。
Posted by 三鷹 at 2015年05月05日 01:00
コメントをありがとうございます。
「野良犬少年」のサイトを拝見しました。
いろいろな情報があり、興味深く読ませていただいています。
なお、サイトの文字コードに「Shift JIS」をお使いのせいか、私のブラウザでは表示のエンコードで「ユニコード(UTF-8)」に切り替えています。
一々切り替えるのが面倒なので、詳しくはわかりませんが、何か方法があればいいですね。
Posted by genjiito at 2015年05月05日 10:47
追伸

鷺水亭先生

システムのことは 全く分からなくて申し訳ありません。

あと、「野良犬少年」サイトのことなのですが、鷺水亭先生も (たぶん) ご存知の バリバリ蟹座さんもお仲間の1人です (笑)

バリバリ蟹座さんも 毎年1月下旬の (井上靖) あすなろ忌にて 毎年お会いしております。
Posted by 三鷹 at 2015年05月05日 13:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]