2012年12月21日

京洛逍遥(243)東寺の終い弘法

 空海の命日にちなんでの、毎月21日に開かれる東寺(教王護国寺)の骨董市「弘法市」には、これまでに何度も行っています。しかし、師走の「しまい弘法」には初めて行きました。

 境内には、骨董品、古着、正月用品などを並べる店が約1,100店も軒を連ねています。
 
 
 
121221_koubou
 
 
 

 この広い境内の北西に、空海が住んでいた御影堂があります。そこに、空海の念持仏だった不動明王がまつられているのです。秘仏の国宝ということもあり、直接拝むことはできません。ここでの護摩供にお願いするため、護摩木に「心願成就」と書いて焚いてもらいました。
 今年もいろいろとありました。しかし、大過なく無事に過ごすことができました。来年もどうぞよろしく、との願いを込めて書きました。
 護摩壇の正面には、「東日本大震災復興祈願」と書かれています。
 
 
 
121221_gomagu
 
 
 

 市では、あまりの店の多さと人の多さで、ゆっくりと品定めをすることもできません。雰囲気だけを味わって出ることにしました。

 帰りに、京都駅八条口前のイオンモールの中にある回転寿司屋で、久しぶりにお寿司をいただきました。
 ここは、メニューが多く、ネタも大きいだけあって、ダイナミックにお寿司を楽しめます。ただし、それだけ値段も高めです。しかし、何と言っても大問題は、このお寿司屋さんにも野菜サラダがないことです。サラダ巻きや茄子の漬け物はあります。野菜をたっぷり使ったサラダが1日も早く出て来る日を、今か今かと心待ちにしています。
 
 
 
121221_susi
posted by genjiito at 23:05| Comment(0) | ◎京洛逍遥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]