2012年12月03日

池田亀鑑賞の応募期間を延長します

 今年も師走に入ると共に、一年の仕事の整理と新年から年度末までの仕事のとりまとめで、あたふたと走り回る日々となりました。
 特に今年は、私が夏に1ヶ月ほど京大病院に入院していた関係で、何かと仕事が滞っていました。それが、ようやくいつくかが動き出したので、そのことの報告からです。

 まずは池田亀鑑賞について。

 「池田亀鑑賞のホームページ」に、一昨日(11月30日)付けで新しい情報がアップされました。
 内容は、【募集・選定概要】と【選考委員紹介】の更新です。

 更新及び変更された内容は、以下のとおりです。


■募集の変更
・第2回応募締切 平成25年3月末
  平成24年1月1日から平成25年3月末までに出版及び発表した作品
・選考会 平成25年4月中
・結果発表 平成25年5月中
・授賞式 平成25年6月22日(土曜日)午後1時30分〜4時00分
  於:日南町総合文化センター 多目的ホール
  〒689-5212 鳥取県日野郡日南町霞785

■選考委員会の構成員の変更
・会長 伊井春樹(新設)
・委員長 伊藤鉄也(新任)
・委員 池田研二/妹尾好信/小川陽子/原 豊二(新加入)

■選考委員紹介の補正と追補
・原豊二氏の選考委員就任にあたってのことばを掲載


 大幅な変更となったのは、年度末の3月に授賞式を実施することが難しくなったことがあります。
 日南町と池田亀鑑文学碑を守る会のご理解とご協力により、初夏6月で落ち着きました。
 そのため、募集期間を3ヶ月延長することになりました。

 併せて、『もっと知りたい 池田亀鑑と「源氏物語」 第2集』も、来春5月の刊行となります。

 池田亀鑑賞は、コツコツと地道な調査研究を通して産み出された仕事を顕彰するものです。
 みなさんの身近なところでそうした仕事があれば、この機会にご推薦いただければ幸いです。
 池田亀鑑賞が、文学研究の基礎的な土台を支える仕事を掘り起こし、関係者に元気を与えられるものとなれば願ってもないことです。
 ご推薦をお待ちしているとともに、奮って応募いただきたいと思います。
posted by genjiito at 22:02| Comment(0) | ■古典文学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]