2012年08月15日

銀閣寺山門前で大文字の護摩木を志納

 お盆の今日は、お昼前にはお寺さんが我が家に来られることになっているので、朝食をすますと、すぐに帰宅しました。
 身体には、一日中血糖値を測定する機器を着けての外出です。そして、一泊二日の外泊でもあります。
 
 
 
120815_asa
 
 
 

 朝早くからやってきた息子は、今年も凝ったお供えのお膳を作ってくれました。料理人としての、すごい技術を持っています。ミニチュアのお膳として、店頭に置いてもおかしくありません。彩りに、一番苦心したようです。
 
 
 

120815_ozen
 
 
 
 お供えしたお菓子は、昨年と同じく俵屋吉富の「送り火」と、鶴屋長生の「大文字の夏」です。明日の京都五山の送り火に相応しいものです。というよりも、甘いものに目がなかった両親に食べてもらおうというものです。娘夫婦が持って来てくれました。
 
 
 
120815_okasi
 
 
 

120816_okasi3
 
 
 
 養林庵の庵主さんは、今年も元気に来てくださいました。ご高齢にもかかわらず、ご自分でタクシーを使って来られます。この新しい家にお迎えするのは初めてです。少し早めにお出でになったので、いろいろとお話をしました。
 
 
 
120815_okyou
 
 
 

 今日は、娘夫婦もいたので、お茶の話が中心でした。庵主さんも長くお茶を教えてこられたとのことです。お茶にまつわる京都の気風について、たくさん教えて下さいました。

 昼食は、息子が作ってくれました。私のためのメニューは、病院の食事を参考にしたイタリアンでした。食後の血糖値も良好です。1時間後が248、2時間後が119です。
 あまり本格的な料理だったので、食べることに専念し、写真を撮ることを忘れていました。

 今日の補食は、これもお盆らしく大文字のお煎餅を口にしました。
 いつもはマリーのビスケット3枚なので、団扇の煎餅を3枚いただきました。
 
 
 
120815_hosyoku
 
 
 

 明日は、京都五山の送り火です。先月の祇園祭とこれは、京の夏の風物詩です。
(1)東山如意ケ嶽の「大文字」
(2)松ヶ崎西山(万灯籠山)と東山(大黒天山)の「妙法」
(3)西賀茂船山の「船形」
(4)金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」
(5)嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」

 この五山すべてを、3年前に陽明文庫の名和先生のご高配をいただき、百万遍にある思文閣出版のビルの屋上から見ることができました。そのことは、「京洛逍遥(99)大文字の送り火2009」(2009年8月17日)に詳しく書いてあるので、ご笑覧いただければ幸いです。

 今年は、京大病院のすぐ前にある如意ヶ岳の大文字を、明日の夜8時から見ることになります。2年前にお世話になった、癌病棟の積貞棟から見るつもりです。

 そこで、今日は娘夫婦も来ていたこともあり、送り火で焚く護摩木を志納するため、銀閣寺へ出向きました。その山門前では、明日の夜に如意ヶ岳で送り火に使う薪としての「護摩木」と「割木」を受け付けているのです。
 
 
 
120815_gomagi1
 
 
 
 自分の名前と持病を書いた護摩木を、送り火の火床で焚いてもらうと、その病が治癒するという信仰があるそうです。そんな思いも込めながら、先祖代々のために心を込めて筆を持ちました。
 
 
 

120815_gomagi2
 
 
 

 夕食は、妻が作ってくれました。お刺身を中心とした、野菜たっぷりの食事でした。せっかく栄養バランスを考えてくれたのに、あまりにもおいしかったので食べ過ぎてしまい、血糖値は1時間後が383と非常に高いものとなりました。しかし、よくしたもので、2時間後には151に急落です。この落差の大きいのも問題です。グルコーススパイクと言われるものです。
 また、食べることばかり頭にあったせいか、夕食も写真を撮るのを忘れてしまいました。
 そんなこんなで、なかなか忙しい一日でした。
posted by genjiito at 23:59| Comment(0) | *健康雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]