2012年08月10日

五条坂の陶器市とおけそくさん

 今朝も、ご飯は半分を残して完食しました。
 
 
 

120810_asa
 
 
 

 もう、朝のご飯には慣れました。しかし、朝食後に急激な腹痛に襲われ、しばらく苦しみました。2時間ほど、ジッと耐えました。理由はわかりません。血糖値はそんなにあがらなかったので、身体が怠くなることはなく助かりました。どうも、朝はいけません。

 昼食会では、久しぶりに冷やしうどんを食べました。
 
 
 

120810_hiru
 
 
 

 その後、引き続き栄養教室として「食品交換表の使い方」が始まりました。食事の栄養バランスが中心の話でした。

 午後は外出許可を得て、五条坂で開催中の陶器市へ行きました。
 家から持って来ている自転車で、建仁寺の境内を横切り、六波羅蜜寺に立ち寄ってから、六道の辻である珍皇寺へお詣りです。
 このお寺の読み方は、「ろくどうちんのうじ」でも「ろくどうちんこうじ」でも、どちらでもいいようです。
 
 
 

120810_rokudou
 
 
 

120810_rokudo2
 
 
 

120810_rokudo3
 
 
 

 境内に「小野篁卿旧跡」とあるように、ここは篁の亡霊が冥府に通ったという伝説がある所です。夜ごと井戸から地獄に降り、閻魔大王の裁判の補佐をしたそうです。ここの閻魔堂には、篁の木像と、篁が作った閻魔大王があります。
 なお、堀川通りの北大路交差点を下ったところにある紫式部の墓の隣には、篁の墓があります。これについては、学生時代から恩師小林茂美先生から小野氏の唱導文芸との関連で、詳細な考察を聞いてきました。またいつか、機会を得て記したいと思います。

 陶器市は、予想よりも人出は少なかったように思います。抹茶茶碗のいいのがあれば、と思って物色しました。しかし、時間も限られており暑かったので、早々に帰路につきました。
 
 
 

120810_kiyomizu
 
 
 

 なお、過去の五条坂の陶器市については、「京洛逍遥(98)五条坂陶器まつりの源氏絵-2009」(2009年8月10日)をご笑覧いただければ幸いです。

 帰り道に、「おけそくさん」を見つけたので2つほど買いました。新仏には1つ、普通は2つが多いそうです。
 
 
 

120810_okesoku1
 
 
 

120810_okesoku2
 
 
 

 この「おけそくさん」については、すでに書いた記事がありますのでご笑覧を。この記事は、意外とよく読まれているようで、私のブログの中でもアクセス数の多いものとなっています。

「「おけそくさん」という言葉の意味」(2010年8月13日)

 自宅に帰り、仏壇に「おけそくさん」をお供えし、一休みしてから病室に戻りました。
 賀茂川沿いを自転車で走ると、気持ちのいい爽やかな風が身体を流してくれます。いつもの鷺や鴨に挨拶をして来ました。

 無事に夕食までに病院に帰り着きました。今日は外出をしたので、食後の運動を控えたところ、数値はやや高めに出ました。食後の運動がポイントの1つのようです。
 
 
 

120810_yoru
posted by genjiito at 21:14| Comment(0) | *健康雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]