2012年04月18日

健康情報誌『わかさ』の糖質制限食特集

 健康生活を扱う情報誌『わかさ』の最新6月号は、一冊丸ごと糖質制限食の特集です。
 
 
 
120418_wakasa1
 
 
 


 新聞で発売広告を見ていたので、昨日の発売日に早速買いました。もっとも、立川駅では2軒の書店ともに、発売日当日なのに売り切れでした。

 昨日は『十帖源氏』を読む会のために新宿へ出たので、少し大きな書店で買いました。そこでも、私が手にできたのは最後の一冊でした。
 このテーマは、多くの人の興味と関心を引いているようです。内容については、すでにほとんど知っていることだったので、さっと流し読みですませました。

 この雑誌からは、外食とコンビニなどの利用法について、少しアイデアをいただきました。
 ご飯、パン、麺類を食べない食生活は、何かと不便です。レストラン街へ行くと、軒並み炭水化物を食べさせるお店です。スーパーマーケットでも、お総菜をはじめとして、なにかと砂糖漬けにした食品が並んでいます。これでは、日本から糖尿病はなくならないばかりか、ますます病人を作っているとしか思えません。

 至る所に血糖値を上げる食べ物が氾濫しています。しかし、工夫次第ではそれなりに糖質制限食が可能なのです。
 今回の雑誌の特集で、ファーストフード店にもうまい利用法があることがわかりました。
 それにしても、テレビでもっとご飯を食べようというCM見て、複雑な思いに駆られました。ラーメンの宣伝が多いのを見て、これでいいのか疑問に思います。
 糖質制限食は、農耕生活が始まって以来の食に関する問題提起です。医療費が高騰する中、炭水化物を食べる食生活を薦めることに、疑問を持ち始めました。
 学校での食育が立ち後れていることはよく知られています。今、あらためて思います。ご飯を食べることを推奨する食育を、再検討してもいいのではないでしょうか。自分がこうした立場に立って初めて、この炭水化物礼賛社会に疑問を抱くようになりました。

 さて、この雑誌『わかさ』では、糖質制限食についていろいろと好いことばかりが取り上げられています。これは、この手の雑誌に付き物なので、そこは適当に読み流します。興味を惹いた記事だけは、きっちりと読みました。

 タマネギは一日4分の1個でいいとのこと。私は勘違いしていて、一日2個くらい食べていました。少し血糖値が上がり気味だったのは、このせいかもしれません。

 グレープフルーツと桑の葉は、これから試してみます。
 自分に合っているかどうかは、とにかくやってみるしかないのです。特に、私は消化器官を切除しているので、なおさら自分の身体を使って、自分のための最適な方法をテストするしかないのです。

 私が初めて糖質制限食のことを知ったのは、昨夏の『わかさ 10月号』でした。
 
 
 
120418_wakasa2
 
 
 

 この雑誌との出会いが、今の食生活のスタートでした。大げさではなくて、私の人生を変えた1冊と言えるでしょう。どうしても成果がでなかったカロリーコントロールから、未知の糖質制限食への転換でした。
 今回、この記念すべき雑誌を取り出して頁を繰ってみると、なんと昨日入手した雑誌と内容はほとんど変わりませんでした。タマネギは一日4分の1でいいということも、書いてありました。この糖質制限食について、新しいことは意外とわかっていないとも言えそうです。

 今は、この切り替えのタイミングがうまくいったと思っています。もう、あの面倒でほとんど効果のなかったカロリーコントロールに戻ることはないでしょう。糖尿病学会の指針に従うほとんどのお医者さんも、糖質制限食の威力は当然知った上でそれを無視し、カロリーコントロールの指導をしておられると思われます。栄養士のみなさんも。
 現に、私が罹っている糖尿病外来の先生は、私が持ち込む資料には見て見ぬ振りをなさっているように思われます。そこには、糖質制限食にはそれなりの効果があることをご存知の上での無視だと思っています。

 お医者さん自身が我が身を守るためのポーズとして、今は糖質制限食について関わらないことにしておられると思います。しかし、それもいつまでも続かないのではないでしょうか。そのための準備を、病院もお医者さんも密かになさっているはずです。密かに、というのは、これを認めるとこれまでの病院における患者からの集金システムの根底が崩れるからです。薬が不要になりそうです。医療行為が激減するのです。それに反比例するかのように、患者との協業としての食事指導が中心となりそうです。これでは、これまでの認識による糖尿病の専門医としての出番が少なくなります。

 まだ糖質制限食にして1年にも満たないので、今後のことはわかりません。ケトン体のことを含めて、糖尿病学会に忠誠を誓っておられるお医者さんが言われる、副作用については何もわかりません。しかし、今はうまく血糖値をコントロールできているようなので、このまま継続してこの状態を維持しながら、体調管理に気はこれまで以上に気をつけて行きたいと思っています。
posted by genjiito at 22:40| Comment(0) | *健康雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]