2012年04月08日

京洛逍遥(223)お花見と御所の一般公開-2012春

 待ちわびた春の陽気に誘われて、風の冷たさが心地よい賀茂川縁を散策しました。

 ご近所の琵琶湖疎水通りでは「お花見 下鴨 さんぽっぽ」というまち作りフェスティバルをやっていました。
 
 
 

120408_hanami1
 
 
 
 満開の桜の下で、野点釜のお薄を一服いただきます。和菓子の桜餅と三色団子は、写真左の笹屋吉清のものでははなくて、下鴨中通りの和菓子屋さんのものでした。
 笹屋吉清の桜餅は、昨日自宅でお茶を点てた時にいただきました。2枚の桜の葉で包んだもので、道明寺餅も粘りがありました。近くに和菓子屋が多いので、いろいろな楽しみがあります。
 京都府立大学ギターマンドリン部などの花衣コンサートもありました。

 賀茂川の両岸では、いくつか桜の花が咲いていました。
 
 
 


120408_hanami2
 
 
 
120408_hanami3
 
 
 

 鷺や鴨たちも水が温みだしたのを楽しんでいるようです。
 
 
 
120408_hanami4
 
 
 

120408_hanami5
 
 
 

 上賀茂神社まで上っていくと、社前の芝生ではチャリティーバザーをやっていました。
 
 
 
120408_hanami6
 
 
 

 賀茂川を下り、最終日だった御所の一般公開に足を向けました。
 今回は、紫宸殿の前の庭が、承明門のある南の方に広く張り出すようになっています。これで、紫宸殿全体が写真に撮れるようになりました。細かな心配りに感謝します。
 
 
 
120408_hanami7
 
 
 

120408_hanami8
 
 
 

 毎年春秋の一般公開では、さまざまな道具や人形が展示されるので、有職故実のいい勉強の場にさせていただいています。
 今年は、馬具が出ていました。
 
 
 
120408_hanami9
 
 
 

 内親王の板與は初めて見ました。
 
 
 
120408_hanami10
 
 
 

 御所の桜もみごとでした。背景の松と配色がいいと思います。
 
 
 
120408_hanami11
 
 
 

 帰りに、ユキヤナギの陰を借りて、出町柳の仕出し屋さんで買ったお総菜でお昼にしました。
 
 
 
120408_hanami12
 
 
 

 天気のいい日には、こうして川中の鷺や鴨たちを見ながら、河原でお総菜を食べています。今日はポカポカとして、まさに行楽気分でした。

 この下鴨の川縁から植物園前の半木の道の桜並木が満開になるのは、次の週末のようです。
 桜のトンネルを見上げながらの賀茂川散策を、今から待ち遠しい思いでいます。
posted by genjiito at 23:04| Comment(0) | ◎京洛逍遥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]