2011年05月24日

池田亀鑑賞のホームページ完成

 春先より準備が進んでいた「池田亀鑑賞」が、今月5月2日に設立を実現しました。

 これは、鳥取県日野郡日南町の「池田亀鑑文学碑を守る会」が母体となり、主催するものです。
 そして、その情報交換の窓口となるホームページが本日完成し、明日25日(水)に、広報活動で協力してくださる新典社のサイトから公開が始まります。

 今日はまだ試運転中です。しかし、明日は、東京で開催される会議や学会のために、私が知る限りでも何人かの方が移動なさるようです。そこで、この時点での「池田亀鑑賞」のホームページを取り急ぎご紹介することにしました。
 いわば、公開前日の内覧会、とでもいうべきものでしょうか。

 明25日に新典社より公開されるものが、「池田亀鑑賞」の公式ホームページです。

 突然のことで、「池田亀鑑賞」とは何? と思われることでしょう。
 これは、今日、初めてお披露目となるものです。

 この賞の趣旨や経緯は、今回公開されるホームページ「池田亀鑑賞」の、「池田亀鑑とは」「趣旨・経緯」「募集・選定概要」「授賞式概要」「選考委員紹介」「関連書籍紹介」などの各項目をクリックしてご覧ください。

 「選考委員紹介」をご覧いただくとおわかりのように、選考には5名があたります。
 委員長は、伊井春樹先生です。



 2011年(平成23年1月1日〜平成23年12月31日刊行奥付)の発表分から、同賞選考委員会により1名が選ばれます。
 自薦他薦を問わず、多くの応募がなされることを期待しています。

 「池田亀鑑賞開催記念プロモーションムービー」は、5月27日(金)に公開となります。いま少しお待ちください。
 週末に向けて、広報担当の新典社内で、鋭意作成が進んでいます。そのでき具合については、乞うご期待というところです。
 週末のお楽しみです。
posted by genjiito at 22:29| Comment(0) | ■古典文学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]