2011年01月12日

【復元】成田空港とバージニア大学の寿司

 来週の木曜日からアメリカへ調査に行きます。
 ボストンにあるハーバード大学と、ワシントンの議会図書館です。いずれも、『源氏物語』の古写本の調査です。議会図書館は、昨年の1月に続いての調査です。
 ハーバード大学は、4年前の2月と2年前の11月に行きました。

 手術後初めての海外出張です。特にボストンは、過去2回とも寒さに震えました。
 ハーハード大学は、ボストンのケンブリッジという町にあります。メールなどで「ケンブリッジより」とあると、イギリスのケンブリッジと混乱します。
 アメリカの地名には、イギリスの地名にあやかったものが多いようです。文化のない国では、よくあることです。世界中の歴史ある文化を叩き潰すことに執心することなく、自分の国の文化を一日も早く創り上げるように努力してほしいものです。文化が育つためには、まず時間がかかります。焦らず弛まず驕ることなく、地球のお荷物と言われている汚名を返上すべく、地道に文化を守ることに徹してほしいと願っています。もっとも、銃の文化はご免ですが……

 平成19年3月に、それまで公開していたブログのすべてが消失しました。その断片の中にあった文書から、4年前のアメリカ行きに関する記事を、お寿司をテーマにして以下に復元します。
 
 
********************** 以下、復元掲載 **********************
 
 
2006年2月2日公開分
 
副題「お寿司の国際化報告(1)」
 
 
 先週行っていた、アメリカ東海岸のお寿司情報です。
 先ずは、出発地から。
 いつもは成田空港の第2ターミナル発なのですが、今回は久しぶりにアメリカなので、第1ターミナルからの出発でした。
 第2ターミナルでは、和食屋さんのメニューの中にあるお寿司を食べています。しかし、今回の第1ターミナルには、何と回転寿司屋がありました。午後3時発なので、ゆっくりと食べられました。いい感じの店でした。三崎港は、街中によくあるチェーン店です。
 
 
 

110112_susi1
 
 
 
 アメリカ最初の訪問地であるバージニア大学は、シャーロッツビルにあります。ここでは、学生食堂で男子学生が仲良く2人で、パック入りのお寿司を食べていたので、写真を撮らせてもらいました。
 
 
 

110112_susi2
 
 
 
110112_susi3
 
 
 

 楽しそうにお寿司を食べる学生さんは、なかなか絵になっていました。
 にぎりではなくて、巻きずしです。

 私は予定が詰まっていたので、この日は用意されていたサンドイッチ(といってもデッカイ)を食べながらの会議でした。
 席上、日本語テキストのデータベース化の意義と今後について話すことになりました。私は英語がまったく使えません。バージニア大学図書館の司書であるIさんが同時通訳をしてくださいました。

 大学の資料館では、たくさんの独立宣言関係の資料を拝見しました。
 バージニア大学は、のどかな田舎にありますが恵まれた環境の中にある大学です。この大学をご存知の方は少ないかと思います。しかし、「日本語テキストイニシアティブ」というすばらしいプロジェクトをウエブ上に展開しています。ぜひ一度ご覧下さい。

 このプロジェクトには、私も少しお手伝いをしています。このデータベースと私との関係は、「最新情報」および「謝辞」にある通り、2004年からのことです。

 ますますの発展を、楽しみにしています。
 
 
********************** 以上、復元掲載 **********************
posted by genjiito at 23:55| Comment(0) | ◎国際交流
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]