2010年11月23日

びわ湖百八霊場(2)湖東27-正明寺の秘仏千手観音

 湖東の正明寺で、33年に一度の御本尊御開帳がありました。
 ちょうど今日が最終日です。次の御開帳のとき、私は90歳を越えています。そう思うと、生きているうちに、との思いから、早朝より出かけました。

 乗り換えのJR草津駅では、降りたホームに信楽高原鉄道の自動改札機がありました。
 
 
 
101123sigaraki
 
 
 


 一見意味がなさそうですが、降りるときにその意味がわかります。
 西国札所めぐりをして、ローカル線に乗り降りすると、自動改札のありようがわかりました。切符に磁気の信号を入れておかないと、後で何かと面倒なことになります。無人駅対策でもあります。

 JR貴生川駅で近江鉄道に乗り換えます。
 人一人がやっと通れる改札です。駅員さんは、今でもパンチで切符に穴をあけていました。
 
 
 
101123kibukawa
 
 
 

 ここで、「日野町法輪山正明寺御本尊御開帳記念1day パス」を買い、のんびりとした旅の始まりです。
 
 
 
101123_chiket
 
 
 

 日野駅は木造です。
 
 
 

101123_hinoeki
 
 
 

 改札で正明寺行きのバスを訊くと、前に止まっているのに乗りなさいと。眼の前に止まっていたバスに乗ると、すぐに出発しました。
 予定では5分で着くバス停が、なかなか表示されません。信号で止まったら運転手さんに確認しようと思っていました。10分を過ぎた頃、やっと小さなバス停に止まったので、運転手さんに正明寺はまだかと尋ねると、このバスは反対方向に走っているとのことです。正明寺行きは後ろだが、そちらに行くバスは先ほどすれ違ったので、1時間しないと来ないそうです。ここで降りて、歩いて10分のところにある近江鉄道の桜川駅から元の日野駅に戻り、乗り直すしかないのでは、とのことでした。

 知らない田園風景を見ながら当て処もない旅の様相を呈してきました。
 桜川駅は、線路際にポツンとある駅でした。50分の待ち時間があります。
 
 
 
101123sakuragawa
 
 
 

 近くに場違いなほど立派な本屋さんがあったので、そこで時間を潰し、琵琶湖周辺のガイドブックを買いました。よく整った品揃えで、街中の本屋さんに引けを取りません。日本の文化レベルの高さを教えられました。

 またまた日野駅に戻り、今度は運転手さんに確認して正明寺を目指しました。
 1時間半ほど道草を食ったことになります。

 バス停から歩いて15分ほどで、正明寺に着きました。きれいな境内です。
 
 
 
101123syoumeiji0
 
 
 

101123syoumeiji1
 
 
 
 ここは、聖徳太子が創建で、黄檗宗のお寺です。聖徳太子の創建というお寺は、琵琶湖周辺には多いようです。
 戦国時代に灰燼に帰し、江戸時代に後水尾上皇の勅建寺として再興されました。
 
 
 

101123syoumeiji2
 
 
 

 正面の本堂は、京都御所にあった清涼殿を移築したものでした。重要文化財に指定されています。

 本尊は秘仏の千手観音です。観音が33の姿で衆生の願いを聞いたということから、33年に一度の御開帳となっています。ちょうど、今年がその歳に当たりました。

 本堂で、千手観音を間近に見上げました。いい仏様です。
 下から見たせいか、正面からの写真よりもお顔立ちがきつく感じられました。

 このお寺も、びわ湖百八霊場であることが、受付の方に聞いてみてわかりました。と言っても、受付の方もわからず、何人かの方に訪ねてわかったのですが。
 
 
 
101123_syuin
 
 
 

 びわ湖百八霊場の巡拝も、こんな調子で回るので、何年かかるかわかりません。気長にいきましょう。
posted by genjiito at 23:59| Comment(2) | ・ブラリと
この記事へのコメント
遠い日野町まで、ようこそお参り下さいまして有り難うございました。修士論文の為、角屋本末摘花について調べておりましたら、先生の正明寺についてのブログが目にとまりました。私も次の御開帳まで生きているかどうかわかりませんので、今月11月14日お参りさせていただきました。
 正明寺は、永源寺管長であった諱は文守、字名は一絲和尚(岩倉具堯の子)のお力添えで、後水尾上皇より御下賜銀子200枚と御所の建築の一部を拝領して再建されたお寺です。くわしくは『正明寺しるべ』に書かれておりますが、近江の鄙にこのような立派な寺と、観音様がおいでになるということは、聖徳太子の御代より仏教が盛んな地であったことを物語っています。また今も日野町民の篤信により支えられています。(本堂に向かって右の禅堂は、落雷を受け焼失しましたが、わずか一年半で再建されました。くわしくはhttp://www1.ocn.ne.jp/~yoshida/syoumyouji/syoumyouji.html
この地には、聖徳太子伝曆にも記載されている、人魚伝説の人魚塚や石塔寺もあります。またぜひお越し下さい。次回は、京都駅から新快速で35分のJR近江八幡駅から近江バスで40分日野行きが便利です。
Posted by 匿名希望 むらさきさん at 2010年11月26日 21:54
コメントをありがとうございました。
びわ湖百八霊場の巡拝を気長におこないます。
また、お近くを通ることになります。
修士論文をご執筆とのこと。
すばらしい成果をあげてください。
Posted by genjiito at 2010年11月27日 12:49