2010年11月19日

新新雑記(94)インフルエンザの予防接種

 自宅近くにある警察病院へ、インフルエンザの予防接種を受けに行って来ました。京大病院とつながりのある病院だとのとで、ここにしました。
 妻も息子も、すでにインフルエンザ対策はしたようです。今、家の中で一番抵抗力のない私が何も感染対処をしないのはまずいと思い、また上京後に職場のみなさんに迷惑をかけないためにも、この時点で予防接種を受けることにしました。初めてのことです。
 このところ風邪気味だったこともあり、併せて診てもらいました。

 風邪気味の時は、解熱剤などの影響があるので、インフルエンザの予防接種はしないそうです。しかし、熱もなく、ノドのトローチだけでいいようなので、来週上京して仕事を再開するということなら打ちましょう、ということになりました。

 また、尿糖が出ているが、とのことでした。手術前までは、カロリーコントロールをしていたことを伝えました。胃を切除した影響では、とおっしゃっていました。
 このところ、糖尿病のことをまったく気にせずに、とにかく栄養を付けることだけを考えた食事をしていました。肉も甘いものも、何でも食べていました。それでいて、体重がまったく増えないので困っていたのです。

 あまりにも節操のない食事だったので、そろそろ血糖値を意識しないと、と思っていた時でもあったので、血液検査を受けることを申し出ました。
 来週上京する前に検査結果を聞きに来る、ということで採血をしてもらいました。

 体重が50キロを割ったままでの上京に、やや不安があります。しかし、これは時間がかかることでもあります。今は、とにかく来週からの勤務再開に照準を合わせ、体調管理に万全を期したいと思っています。
posted by genjiito at 08:39| Comment(0) | *健康雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]