2010年10月27日

西国三十三所(27)粉河寺

 堺市の与謝野晶子文芸館における自筆原稿の写真撮影も、みなさまのお陰で無事に終わりました。

 一点ずつ貴重な原稿用紙を確認しながらの撮影なので、一枚の写真にも大変な手間がかかっています。公開された画像を見る限りにおいては、貴重な手書き原稿のカラー写真です。しかし、その一枚の写真のシャッターを切るまでには、さまざまな背景があり、ドラマがあります。
 堺市文化部、与謝野晶子文芸館、そして撮影担当の光楽堂と、前回同様の鮮やかなチームプレーに拍手を送りたいと思います。
 さらなる貴重な資料公開に、今後ともご理解とご協力をお願いします。

 以上、業務報告も兼ねて、認めました。

 さて、予定より早く終わったので、私は南の和歌山まで脚を延ばすことにしました。

 JR和歌山線は、いくつもの駅で電車のドアが全部は開きませんでした。先頭車両の一番前だけが開くので、乗る場所に注意が必要です。その中でも、粉河駅は大きな駅になるので、車両のすべてのドアが開きました。
 
 
 
101027_kokawaeki
 
 
 

 紀ノ川沿いの粉河寺は、西国第三番札所です。粉河駅から歩いて10分のところにあります。
 この大門の朱には、落ちついた味わいがあります。
 
 
 
101027_kokawamon1
 
 
 

 国宝『粉河寺縁起絵巻』は、今は京都国立博物館に寄託されています。現物は、国宝展などで、ガラス越しに何度か見ました。下半分が焼けて痛々しい絵巻物だったことを、強烈な印象として残っています。
 粉河寺までの整備された参道に、石造りの立派な案内板が道沿いに並んでいて、そこに『粉河寺縁起絵巻』の場面場面が掲示されていました。参拝の行き帰りに、読みながら記憶の整理をしました。

 『枕草子』にも出てくる粉河寺は、その後さまざまな歴史に巻き込まれます。しかし、紀州徳川家の保護もあり、今は威厳の中にも親しみが感じられる境内のたたずまいです。気分がスッキリとする、そんな雰囲気の中にあるお寺といえます。

 境内に入ると、中門がドッシリと待ち構えています。大門の鮮やかさとこの中門の渋さが、自ずと好対照となっています。
 
 
 
101027_kokawamon2
 
 
 

 本堂前の枯山水の庭が、参拝者の気持ちを少しかき乱してくれます。
 穏やかな境内を、この庭が気持ちに変化を与えてくれるのです。なかなか心憎い演出だと思いました。
 
 
 
101027_kokawahondo
 
 
 

 粉河駅から南に下った竜門橋を渡ると、龍門山温泉があるようです。2001年正月にオープンしたとか。しかし、もう遅い時間で、ここから京都の自宅まで3時間以上かかるので、また次にすることとします。
 何やら、このところ「また次……」ということが多い巡拝となっています。

御詠歌は、次の通りです。


ちちははの
めぐみもふかき
こかわでら
ほとけのちかひ
たのもしのみや


 
 
101027_kokawajiku
posted by genjiito at 22:38| Comment(0) | ・ブラリと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]