2010年10月20日

西国三十三所(21)中山寺

 阪急の中山駅からすぐそばに、西国三十三所第24番札所の中山寺はあります。
 
 
 
101020_sanmon
 
 
 
 『中山寺来由記』などによると、奈良時代初期に、徳道上人が観音霊場三十三ヶ所の宝印を中山寺の石櫃に納めたという伝承がありました。それを花山院がこの中山寺で探し出し、三十三の観音霊場を巡礼したということです。西国札所の機縁ともなったのが、この中山寺なのです。

 ご本尊の十一面観音は、インドの王妃シュリーマーラー(勝鬘夫人)をモデルにしたとのことです。左右の脇侍も十一面観音なので、本尊と脇侍をあわせて三十三面ものお顔があることになります。まさに、法華経が説く、衆生を救うための観音の三十三変化を体現するものです。

 このお寺は、階段の横にエスカレータがあります。いかにも、関西の発想です。便利なものは何でも取り入れるし、それを受け入れます。
 安産祈願のお寺としても有名で、赤ちゃんを抱いた家族連れが多いことも、その理由の一つでしょうが…
 
 
 
101020_eskarater
 
 
 

 昨日の、壺阪寺の階段にあったリフトとは、その発送が大きく異なります。

 羅漢堂には約800体の羅漢像が並んでいます。親兄弟の顔が見たかったら、この五百羅漢のお堂に来い、といわれるのも頷けます。

 帰りに、些細なパニックが…
 iPhone で電車の経路と乗り換えを調べていました。中山寺駅をスタート地点にしているのに、どうしてもJRの駅しか出て来ないのです。料金が高くて乗り換えも面倒です。関西は、私鉄をいかにうまく使うかが、いい旅をする秘訣です。
 どうしようもないので、山門横の案内所で聞きました。すると即座に、そこの阪急は中山駅、向こうのJRは中山寺駅ですわ、と一言で解決。
 よくある混乱のパターンでした。

 中山寺の御詠歌は、次の通りです。



のをもすぎ
さとをもゆきて
なかやまの
てらへまいるは
のちのよのため

 
 
 
101020_jiku1
 
 
 
 これで、お軸の観音様の周りはほぼ埋まりました。
 1千キロ踏破が見えてきだしました。
 さらに、ひたすら歩き続けます。
 
 
 

101020_jiku2
posted by genjiito at 23:33| Comment(0) | ・ブラリと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]