2010年10月16日

西国三十三所(14)今熊野観音寺

 今熊野観音寺は、泉涌寺道の商店街から入ったところにあります。
 
 
 
101013_kannonji1
 
 
 
 月輪山麓の澄み切った木立の中に、観音様はおられます。
 朱の鳥居橋を渡ると、観音寺の境内です。
 私はこの観音寺を取り囲む雰囲気が好きです。
 ここのモミジは、紅葉していないときの緑が、とても爽やかです。
 
 
 
101013_kannonji2
 
 
 

 本堂下の弘法大師と子どもたちの像は、私の母が健在だったころ、孫を連れて来るたびに、この周りを走り回らせていました。この像が、私の今熊野を象徴するものとなっています。
 
 
 
101013_kannonji3
 
 
 
101013_kannonji4
 
 
 
 ここは、ボケ封じでも有名です。母と私の枕カバーを買ったのも、ここでした。
 本堂を見上げると、後ろの山に多宝塔がありました。これまで気付きませんでした。
 
 
 
101013_kannonji5
 
 
 
 巡拝すると、今日はご本尊が直接見られるだろうか、とか、お軸のご朱印はどこでもらうのだろうか、ということばかりに注意がいっていたので、周りの建物には目がいっていませんでした。それだけに、今回は少し周りが見えだしたということでしょうか。
 
 
 

101013_kannonji6
 
 
 
 今熊野観音寺の御詠歌は、次の通りです。
 
 

むかしより
たつともしらぬ
いまぐまの
ほとけのちかひ
あらたなりけり


 
 
 東福寺駅から来る途中で買った、小さなおにぎり2つと野菜ジュースを、境内の休憩所で食べました。緑のモミジに囲まれて、ささやかながらも贅沢な時間に身を置くことができました。
posted by genjiito at 00:26| Comment(0) | ・ブラリと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]