2010年04月30日

【復元】中国の長春と博多の回転寿司

(※本記事は、平成19年3月に消失したブログの復元です。)

********************** 以下、復元掲載 **********************

2004年09月08日「ミクシィ」掲載分より

 先週まで行っていた中国の長春でも、ついに執念で回転寿司屋を見つけました。
 
 
 
1103309966_1_2
 
 
 
 写真のお兄さんが、すでに固形になっているご飯にネタを乗せて、回転レーンにながします。もっとも、その時はお客が少ないので回転は止まっていましたが。
 この店は、お寿司よりもラーメンを食べに来る客が多いそうです。酢飯の酢がたりなかったのと、山葵の気が抜けていたので、寿司としては失望でした。しかし、魚の種類は多かったので、これでよしとしましょう。一皿の値段がラーメン一杯以上もするので、非常に贅沢な食事となります。この店の本店も見てきました。長春には、この系列店が4店舗ほどあるようです。次に訪れたときには、すべてを踏破しましょう。

 さて、今回出張で来ている福岡は、昨日は朝から台風18号直撃のために暴風雨警報が出ていました。仕事もお休みとなり、台風の中、午後から天神の辺りを散策しました。お店は全て閉まっていました。壊れた傘と自転車が、至る所に散乱していました。町を走る車はタクシーだけでした。
 夜も天神へ出かけ、回転寿司屋を見つけました。初めての「あらかぶ汁」は、いい味でした。この店は普通の寿司屋が値段を下げて回転寿司をやっている、という感じがしました。全体的に値段が高く、馬刺が1575円でした。これでは、私が楽しみにして探し回っている回転寿司屋とは言えません。また、レーンのスピードが、やや早いように思えました。急かされているようで、落ち着きません。一人なので話し相手もなく、早々に食べ終えました。

********************** 以上、復元掲載 **********************
posted by genjiito at 23:51| Comment(0) | *美味礼賛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]