2010年04月20日

【復元】回転寿司のこと

(※本記事は、平成19年3月に消失したブログの復元です。)

********************** 以下、復元掲載 **********************

2004年03月07日「ミクシィ」掲載分より

 今日、妻と母とで回転寿司を食べに行きました。奈良県生駒市の菜畑という駅の近くにある、よく行く店です。午後三時を過ぎていたので、客はだれもいません。アルバイトの学生さんも暇そう。天井から流れる音楽は下手な若い娘の歌でした。寿司を食べながら聞く曲ではありません。消化不良になります。店員さんの退屈しのぎのための選曲なのでしょう。

 関西の回転寿司は、機械が握った四角いお米の固まりに寿司ネタを載せたものがほとんどです。元禄寿司などは今でも職人さんが握っていますが、だんだんと数は減ってきました。
 機械握りの見分けは、握った米飯の角が直角に角張っているので、すぐにわかります。しかし、百円から百二十円というところに拘るのが好きで、いつも通っています。
 私の昼食のほとんどは、テイクアウトの寿司ですから、毎日寿司を食べています。三食が寿司の日もあります。

 先月の中旬にロンドンへ出張したときにも、ピカデリーサーカスのクルクルという寿司屋に行きました。満員でした。生ものは、マグロとサケとサバとタコぐらいだったでしょうか。ロンドンへ行くと、いつも寄る店です。六年前に息子をここへ連れてきたときには、カルピコという飲み物を喜んでいました。今もカルピコはあります。この店がある通りは、日本食の食堂や食材屋さんが多いので好きです。日本酒なども手に入ります。お米の種類も豊富で、インスタントラーメンも揃っています。私は食しませんが納豆もあります。

 夕方には、同じピカデリーサーカスにあるジャパンセンターで、日本では食べられなくなった牛丼を食べました。オーストラリアからの輸入牛肉を使っているとか。牛丼を食べたい方は、ロンドンへ行きましょう。

 海外に行ってまで和食を食べることに抵抗のある方が多いようです。その土地のものを食べることに意義を見いだす方です。しかし、私は海外で和食を食べ歩くことを、無上の喜びとしています。日本の食文化について思いを馳せる一時ですから。

********************** 以上、復元掲載 **********************
posted by genjiito at 23:53| Comment(0) | *美味礼賛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]