2010年02月07日

井上靖卒読(105)《拾遺詩篇》

 井上靖の詩としては、460篇が確認されています(『井上靖全集』第1巻「解題」583頁)。
 8冊の詩集以外と『井上靖全詩集』の中の「拾遺詩篇」などをまとめて、《拾遺詩篇》《未収録詩篇》として、ここではとりあげます。

 井上靖の最初の詩とされているのは、昭和4年2月11日発行の『日本海詩人 2月号』(第4巻第1号)に「井上泰」の筆名で発表された「冬の来る日」だとされています。これは、昭和4年から11年までの井上靖20代の詩41篇を集めた『春を呼ぶな』(平成元年刊行)に収録されています。

明日か、明後日か、

やがて巡り来ようとしてゐる

冬の最初の音づれの日よ、

冬の来る日よ。
(中略)



と始まります。

 句読点が、すでに最初からあることに気づきます。
 そして、これが後になると、この改行もされなくなります。
 詩か文かが曖昧な表現形式となっていくのです。

 『春を呼ぶな』の「あとがき」で、井上靖は次のように締めくくっています。

こんど一篇一篇を、丁寧に読んだが、さすがに若さというものを、美しく、眩しく思った。


 初期の詩の中で、私は「蛾」「月明に吠ゆ」「みかん」「倒像」「嗤ふ」「手相」が気になっています。
 「倒像」で「敬虔な地球の灯−夕顔が月にしろじろと咲いてゐる。」とあり、「嗤ふ」に「地球を代表して、夕顔が月にいぢらしい灯をかざしてゐる。」とあります。
 この表現については、改めて調べてみたいと思っています。


井上靖全集1︰詩篇
posted by genjiito at 23:55| Comment(0) | □井上卒読
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]