2010年01月20日

在モンゴル日本大使と『源氏物語』

 モンゴルの日本大使館で、城所卓雄大使と今後の文化交流について、親しくお話をすることができました。

 『源氏物語』のモンゴル語訳をなさったジャルガルサイハンさんと一緒に、モンゴル語訳『源氏物語』を最大限に活かした企画について、いろいろと話題が広がりました。

 城所大使はとても温厚な方で、初対面の私にも意見を求められ、申し上げることにもジッと耳を傾けてくださいます。前向きに受け取ってくださるので、頼もしい限りでした。
 広報文化担当の小山勲さんも、理解が早く、見通しの利いた展開で話をまとめてくださいました。

 いつ、どこまで実現するかは今は問題ではなくて、このような話が一緒にできる方がモンゴルの日本大使館にいらっしゃることに、これからの国際文化交流の明るさを感じました。

 インドでも、日本大使や大使館は、敷居の高い所かと思っていました。しかし、実際に伺ってお話をすると、本当に理解のある対応をしてくださいます。日本とその国の人々とのことを、よく考えておられることを知り、頼もしいことだと思っています。

 モンゴルでもこれを機会に、一人でも多くの方々に『源氏物語』のおもしろさを伝えることができるように、日本の各分野の方々の知恵をお借りしたいと思っています。

 厳めしい警備の中、気軽に写真を撮る雰囲気でもなく、今回は写真がありません。
posted by genjiito at 22:50| Comment(0) | ◎国際交流
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]