2010年01月14日

ガンダン寺の開眼観音

 モンゴルに来て、スケジュールがいっぱいで、気の休まる暇がありません。
 しかし、せっかく来たので、寸暇を惜しんでウランバートル市街と郊外に足を伸ばすようにしています。

 早朝から、ガンダン寺に行きました。第5代の活仏であるボグドハーンによって、1838年に建てられた、チベット仏教のお寺です。

 雪に覆われた寺院群を、朝日が照らしていました。
 
 
 
100112gandanji1
 
 
 
 お坊さんたちは、雪道を掃き清めています。
 
 
 
100112gandanji2
 
 
 
 私は、鳩に「寒いね」と話かけました。鳩は「今日はまだましだよ」と、やはり寒そうな顔で答えてくれている(?)ように見えます。
 
 
 
100112gandanji3
 
 
 
 お香と香水をいただきました。
 
 
 
100112gandanji5
 
 
 
 香水は飲んでも大丈夫だそうなので、一口に飲みました。
 
 
 
100112gandanji6
 
 
 
 お香の灰は、研究室のお香の床に混ぜようと思います。
 五体投地をする板も、マイナス30度の中に横たわったいます。
 
 
 
100112gandanji7
 
 
 
 観音堂には、高さ25メートルもの大きな観音像がありました。
 
 
 
100112gandanji8
 
 
 
 盲目となった第8代活仏ボグドハーンが、目の快癒を祈願して建てた、開眼観音です。
 
 
 
100112gandanji9
 
 
 
 確かに、目が特徴的です。私も、血糖値に注意している身なので、失明しないようにお祈りしてきました。なお、初代の観音さまは、スターリンが壊してソ連に持ち帰ったため、これは2代目の観音さまです。

 帰りに、街中のゲル地域を通りました。近代建築とゲルが共存している都市ウランバートルは、今後はどのような街作りがなされていくのでしょうか。
 
 
 
100112gandanji10
 
 
 
 非常に前向きな街だと思いました。今後が楽しみです。
posted by genjiito at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎国際交流
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178934429
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック