2009年12月31日

2009年の10大出来事

 今年も、いろいろなことがありました。
 そして、無事に年を越せることに感謝しています。

 以下、この1年間を時系列に思い出してみます。

1.印度ネルー大学でウルドゥー語訳源氏物語を発見
2.伊国ベネチア・フィレンツェ・ローマ大学で調査
3.国文学研究資料館館長が伊井先生から今西先生へ
4.大学時代の恩師で仲人だった小林茂美先生ご逝去
5.40年間未開封だった亡母からの手紙を開封する
6.2年ぶりのスクーバダイビングで南紀白浜へ行く
7.英国へ2度行きケンブリッジ大学で国際集会開催
8.谷崎潤一郎全集を揃え作品を発表順に読み始める
9.上下の奥歯の手術直後に担当医だった先生が急逝
10.本ブログ「賀茂街道から2」を毎日欠かさず更新

 さて、来年はどんな年になるのでしょうか。

 今年は、生き方を意識的にスローダウンしました。
 なかなか辛い局面もありました。しかし、何とか1年を過ごすことができました。
 そのために、いろいろな方に、いろいろな所でご迷惑をおかけしたことと思います。
 来年も、このままもう少しペースをダウンしたいと思います。
 何とか出来そうでも、敢えてしない、ということを今年から実践し出したのです。
 組み込まれた63年という寿命を、1日でも長く生きたいと思うようになったからです。

 みなさまにはご迷惑をおかけしますが、私なりの事情があってのことです。
 これまでと変わることなく、来年もよろしくお付き合いのほどを、お願いいたします。
posted by genjiito at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | *身辺雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178934297
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック