2009年11月02日

京洛逍遙(107)植物園の『源氏物語』草木の実展

 京都府立植物園は、華やかな秋の花々で賑わっています。
 
 
 
091031botanical1菊花
 
 
 
その一角、植物園会館の2階の研修室で、「開館85周年記念・古典の日協賛 草の実・木の実展 〜源氏物語の植物を実で楽しむ!〜」が開催されています。
 
 
 
091031botanical2展示室
 
 
 
 会場には、所狭しと、たくさんの草や木の実が皿に盛られて並んでいます。
 非常に珍しい展示です。そして、非常に貴重なものが目で楽しめます。



091031botanical5実の展示
 
 
 
 例えば、「紫草」のなんと大きなこと。
 
 
 
091031botanical6紫草
 
 
 
 榊の種は、こんなに小さいのです。
 
 
 
091031botanical7賢木
 
 
 
 とにかく、意表を突くものがふんだんに並べられています。

 受付には、こんなパンフレットがありました。
 しかし、もう在庫がないとのことです。
 
 
 
091031botanical3番フレット
 
 
 
091031botanical4四季の草花
 
 
 
 この植物園は、我が家の目の前にあるので、散歩がてらによく立ち寄っています。通っている内に、いつか手にすることができるでしょう。

 我が家も、この『源氏物語』に出てくる植物を、これまでにも植えてきました。改めて、1つずつ植えて、記録を残していきたいと思います。
posted by genjiito at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎京洛逍遥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178934236
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック