2009年09月24日

花とオブジェのカレッジを散策

 ケンブリッジ大学の中のクイーンズカレッジの庭園は、花々が咲きそろうイングリッシュ・ガーデンです。
 今回研究発表をしたレベッカさんがこのカレッジに所属していることから、一緒にこの庭を散策することができました。カレッジの庭園の見事さを堪能しました。
 まず目を惹くのが、学生寮です。森と庭と花の中で、私も心置きなく本を読みたいものです。
 
 
 
090921queen1
 
 
 
 そして、広々とした庭には、配色に心を配った花が……。
 庭の向こうには、図書館のメインタワーが見えます。
 
 
 
090921queen2
 
 
 
090921queen3
 
 
 
090921queen4
 
 
 
090921queen5
 
 
 
090921queen6
 
 
 
090921queen7
 
 
 
090921queen8
 
 
 
 夕食のために、ケンブリッジの街中へ向かいます。
 途中で、セントジョンカレッジが見えました。ここは、明治の頃に最初に『源氏物語』を英訳した末松謙澄も学んだカレッジです。
 
 
 
090921queen9
 
 
 
 食後、夜のジーザスカレッジにも入ることができました。
 今回、ボランティアで手助けに来てくれた学生たちが、中を案内してくれました。
 その重厚さに、圧倒されます。もう、別世界です。
 庭には、さまざまなオブジェが置かれています。花嫁やゴジラや得体の知れない人間などなど。
 現代の美術館に迷い込んだかと錯覚するような異次元空間を、それも夜中に体験することができました。
 
 
 
090921jizas1
 
 
 
090921090921jizas2
 
 
 
090921090921jizas3
posted by genjiito at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎国際交流
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178934197
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック