2009年06月30日

京洛逍遙(90)有料ガイドブック〈2〉

 京都の町並みは、千年前とそんなに変わってはいません。
 そのため、寺町通りを歩きながら、ここは藤原定家の京極邸のあった所だとか、紫式部がいた中川の邸あたりだとか、千年前にタイムスリップして楽しめます。
 また、光源氏がこの道を通って空蝉の所へ行ったのだろうなどと、物語の舞台を想像しながら散策もできます。

 そんな時に重宝するのが、次の2冊です。

(1)『源氏物語千年紀記念出版 紫式部の生きた京都』(ユニプラン、1,000円、2008.7.7)
 
 
 
090623murasaki考古学から迫る
 
 
 
 これは、今歩いている地面の下に、千年前には何があったかを、発掘写真を通して教えてくれます。
 豊富な写真と図版が掲載されているので、想像力を掻き立ててくれます。
 平安宮・平安京・京の周辺を歩く散策マップは、頭の中が平安時代と重ね写しになる、不思議な空間に身を置くこととなります。異次元空間を、現実のものとして体感できるのです。
 
 
 
(2)『京都時代MAP 平安京編』(新創社編、光村推古書院刊、2,000円、2008.4.26)
 
 
 
090623heiankyoタイムトリップマップ
 
 
 
 これは、(1)をさらに広範囲に、詳細にしたものです。
 千年前に、ここに何があったのかが、印刷された平安時代の地図に、半透明のトレーシングペーパーに印刷された現代の地図を重ねることによって、歴史と地理が目の前を行き来します。
 これも、不思議な体験をさせてくれます。

 時空を移動するための解説ページも、楽しく読めます。

 タイムトリップマップとして、これ以外には、以下のものが刊行されています。

・京都時代MAP 幕末・維新編  編-新創社 定価1680円(税込)
・京都時代MAP 安土桃山編  編-新創社 定価1890円(税込)
・京都・観光文化時代MAP  編-新創社 定価2100円(税込)
・京都時代MAP 伝統と老舗編  写編-新創社 定価2100円(税込)
・東京時代MAP 大江戸編  編-新創社 定価1785円(税込)
・奈良時代MAP 平城京編  編-新創社 定価1890円(税込)
・名古屋時代MAP 江戸尾張編  編-新創社 定価2100円(税込)

 歴史と文化を旅する時のハンドブックとなります。
posted by genjiito at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎京洛逍遥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178934017
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック