2009年02月01日

井上靖卒読(58)「ある偽作家の生涯」「鵯」「楼門」

■「ある偽作家の生涯」

 読み慣れた井上靖の作品の中では、一文が長いように思いました。
 ドキュメンタリータッチの、事実の羅列なので、物語としてのおもしろさに欠けます。井上にしては、めずらしいものです。 晩年のところで、その傾向が見えるのではないでしょうか。

 話に盛り上がりが欠けるのは、すべてが回想談だからでしょう。活気に欠けるせいだろうと思われます。【2】


初出誌︰新潮
初出号数︰1951年10月号

新潮文庫︰ある偽作家の生涯
旺文社文庫︰猿狐・小盤梯 他八編
井上靖小説全集4︰ある偽作家の生涯・暗い平原
井上靖全集3︰短篇3




■「鵯」

 律子の性格が、よくわからないままに終わりました。
 女の冷酷さを言いたいのか、無意識のたわむれなのか。
 最後の、鵯に対する律子のしぐさは、よくわからないままです。
 子供と大人の行動は、ごく自然に描かれています。【2】



初出誌︰別冊文藝春秋
初出号数︰1951年11(12?)月25号

角川文庫︰楼門
角川文庫︰花のある岩場
井上靖小説全集4︰ある偽作家の生涯・暗い平原
井上靖全集3︰短篇3




■「楼門」

 これもまた、退屈でした。
 月が出てきたので、少し安心しました。
 低調で元気がないのは、どうしてでしょうか。
 年譜などで、この時期の井上の環境や情況などを、確認する必要がありそうです。【2】


初出誌︰文芸
初出号数︰1952年1月号

集英社文庫︰楼門
角川文庫︰楼門
潮文庫︰桜門
井上靖小説全集4︰ある偽作家の生涯・暗い平原
井上靖全集3︰短篇3




〔参照書誌データ〕
 井上靖作品館
 http://www2.plala.or.jp/baribarikaniza/inoue/
posted by genjiito at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | □井上卒読
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178933843
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック