2009年01月20日

胡蝶掌本『谷崎源氏逍遥(一)』

 とてもかわいい豆本があります。胡蝶掌本と名付けられています。

 書名は、『谷崎源氏逍遥(一)』。

 フロッピーディスクのプラスチックケースに入っていて、縦横9センチほどの大きさで77頁の本です。


090120qsaka1豆本


 これは、本好きな仲間が刊行したもので、『源氏物語』と谷崎に対する思いが詰まっています。
 谷崎潤一郎の源氏訳に関する内容ですが、書誌的な情報が中心なので、読み物ではありません。しかし、大事な情報がギッシリと入っています。頁を繰る内に、書籍としての谷崎源氏が目の前に立ち現れて来ます。

 谷崎の旧訳源氏の付録(月報)に、興味深い記事のあることが紹介されています。
 その第11号と13号から、池田亀鑑の『校異源氏物語』は昭和15年の時点では索引が計画されていた、ということがわかるというのです。
 実際には、さらに15年の時日を経た『源氏物語大成』で実現します。しかし、こうした裏面史は、心を躍らせてくれます。1つの大きな仕事の背景にある「諸般の事情」というものに、さまざまな人の思惑や動きが見えてきます。想像を逞しくさせてくれます。

 この本は、すべてが手作りです。
 奥付はこうなっています。


090120tasaka奥付


 ただし、これは「個人配布はない」という限定版なのです。
 限られた人にしか手にできないのは、あまりにももったいないので、著者である田坂さんとの話の中から、国文学研究資料館に献本してもらえることになりました。
 これで、みなさんにこの本を見てもらえます。
 今しばらく、お待ちください。

 なお、この胡蝶掌本のことは、次のブログに記事があります。

田中栞日記


 昨秋、ハーバード大学での国際集会でも、本が大好きだという方の本に関する研究発表がありました。それも、懲りに凝った本の数々を会場に回覧しながら。たくさんの心温まる装丁の本を手にして、贅沢な思いに浸ることができました。
 本は、永遠に人の心を捉える魅力がありますね。

 ここで紹介した『谷崎源氏逍遥(一)』も、昨年の源氏千年紀の収穫の一つと言えるでしょう。
posted by genjiito at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎源氏物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178933831
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック