2008年08月27日

食後の血糖値を測る

 これまでは、起き抜けの血糖値を計測していました。
 先月の人間ドックの結果を受けて、思い出したように行く病院の医者のアドバイスを素直に受け、食後2時間後の血糖値を見ることになりました。

 朝の数値を安定させていても、平均値であるヘモグロビンA1cの値が高いそうです。
 胃が3分の1しかない私は、一般的な食事指導が効かないのです。
 自分の身体を実験台にするしかありません。

 朝の食前の傾向はわかったので、計測方法を変えて様子を見ることになったのです。
 食後2時間の数値を見て、いくつかわかりました。

 ハンバーグは、2回とも同じ条件で食べたのですが、共に250を超えました。
 食事の2時間後は、180に留めることがいいとされています。悪くても220と言われています。
 もちろん、個人差があるのですが、何かを固定しなくては何もわからないので、この普通の方々のための物差しを、一応私も参考にしています。

 具がたくさん入ったデラックス蕎麦も、2回とも215でした。悪くはないのですが、もう少し低めがいいようです。

 中華料理では、レバニラ炒めが好きですが、これは計測しなくてもわかっています。
 そこで、めったに食べないのですが、ラーメンにもチャレンジしました。
 野菜がたっぷり入ったタンメンは、243だったので、これもハンバーグと同じで、手をださない方がいいようです。

 そして大好きなお寿司です。それも、私は回転寿司しか食べません。1日の3食ともお寿司、という日もあります。
 このお寿司についてなら、毎日1食はたべるので、数値はたくさんあります。

 今日の場合を例に取ると、いつもは多くても6皿くらいしか食べられないのに、何と8皿も食べてしまいました。そして、おまけに生ビールの中まで飲んだのです。一日中、気を遣って走り回った後だったので、とにかくお腹が空いていました。
 お寿司を食べた後は、ほとんどが安全圏内の数値を示します。
 今日は、いつになく多く食べたので、少しドキドキしながら計りました。
 結果は、158でした。参考値の表でも、これは良好となっています。

 やはり、好きなものは、身体もよく知っているのでしょうか。
 明日から、また回転寿司屋へ、胸を張って通うことにします。
posted by genjiito at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | *健康雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178852730
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック