2008年08月12日

下鴨神社の「納涼古本まつり」

 下鴨神社の糺の森で開催されている「下鴨納涼古本まつり」に行ってきました。
 京都古書研究会が主催するもので、37店が店を並べていました。


080812oldbook1糺ノ森


 広い境内の木立の中を、たくさんのテントが並んでいます。


080812oldbook2古本祭


 最初の10店を見たあたりで、もう目がだるくなりました。
 膨大な本の背表紙を見るだけで、疲れがたまってきます。
 また、ゆっくりと移動するので、足腰もだるくなります。
 後は、ほとんどの店の本を流し見ることになりました。

 そんな心理を知ってか、屏風を立てて目立たせる店もあります。


080812oldbook3木立の中


 今日の収穫は『諸説一覧 源氏物語』(昭和45年、阿部秋生編)の一冊だけです。
 この本は、私が高校を卒業した年に刊行されました。
 『源氏物語』の研究史の上でも、一つの区切り目をまとめたものです。

 定価は800円です。これが、古書店では高価なものになっていたので、つい購入することなく、図書館などで利用していました。
 今日、2500円の値段がついていました。昭和45年までの諸説をわかりやすくまとめているので、重宝する本です。手元に置いておいてもいいので、買いました。
 改めて頁を繰ると、『源氏物語』の本文に関することは、3頁半しか記述されていません。
 解説は、池田亀鑑と山岸徳平の2代碩学の対立に留まるものです。
 昭和50年から2年間、私は山岸先生の授業を聞き、本文研究に取り組むようになりました。
 『源氏物語』の本文についての問題は、まだまだ表面には現れていない時代だったのです。
 そんな、当時の研究状況がわかるものとして、本書『諸説一覧 源氏物語』はよくできた本です。

 それにしても、これだけたくさんの本が目の前にあると、生きている内にいったい何パーセントの本を読んで人生を閉じるのか、と、あらためて気が遠くなります。縁あって手にした本を、丁寧に大切に読んで行きたい、との思いを強くしました。
posted by genjiito at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | *身辺雑記
この記事へのコメント
初めまして、趣味で賀茂街道の事を調べているものですが、
偶然こちらへこさせていただきました。
京都から、兵庫県へ繋がる、第二の賀茂街道を調べています。
なにか情報ありましたら是非おしえてください。
失礼いたしました。

福海寺1344年(康永3年)に足利尊氏が在庵圓有(現在の兵庫県御津町室津の出身)を京都西賀茂の正傳寺より招聘して創建し、足利義満はじめ足利歴代将軍に尊崇された。また京都の久我に末寺の願王寺が在った。在庵和尚の出身地の兵庫県の室津、京都西賀茂の正傳寺、京都久我の願王寺(久我神社の神宮寺)は何れも賀茂信仰と深く関わりがある。


[編集] 開山在庵円有禅師
在庵圓有禅師は、京都西加茂正傳寺の法位円性禅師の法嗣であり、執権北条時頼の参禅の師である鎌倉建長寺二世、兀庵普寧禅師の四世の法孫に当たる。最初、正伝寺に住し、その後足利尊氏の要請により福海寺の開山に成る。大変道徳が高く、学識深く、参禅する雲水、学者が大勢参集する。そこから福海寺の法堂は「雲會堂」と名づけられる。「大光山 福海寺」の寺号は足利尊氏が兵庫の海から九州に落ち、その後また兵庫に上陸し、幕府を開いたことから、兵庫の海が、尊氏にとって「福の海」で有るという意味、観音信仰の「福聚海無量」の意味もあるが、同じ宗覚派で鎌倉に安達泰盛が開基し廃寺に成った、「福光山 聖海寺」の復興の意味あいも有る。  貞和5年11月21日遷化。世寿84才。遺偈は「八十四年 笑倒祖佛 一句臨行 寒嵐払払」とある。また肖像画である頂相の賛は、埼玉平林寺開山の石室善玖禅師が書いている。
Posted by at 2008年08月20日 09:48
コメントをありがとうございます。
「京都から、兵庫県へ繋がる、第二の賀茂街道」があるのですか。
おもしろそうですね。
何か気付きましたら、報告させていただきます。
ますますのご活躍を。
Posted by genjiito at 2008年08月21日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178852715
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック