2008年07月29日

ハーバード大学での国際研究集会

 今秋、2008年11月21日と22日の2日間にわたって、アメリカのハーバード大学で国際研究集会が開催されます。
 主催は国文学研究資料館とハーバード大学です。


「文学の創造物 −日本の書籍、文書、絵巻物−」

(THE ARTIFACT OF LITERATURE:
 JAPANESE BOOKS, MANUSCRIPTS, AND ILLUSTRATED SCROLLS )

 ホームページが完成しましたので、紹介します。

ハーバード大学国際研究集会


 内容は以下の通りです。

 私は第一パネルの一番手で、ハーバード大学所蔵の古写本『源氏物語』について研究発表します。

 各人の発表内容は、上記ホームページの「Papers」をご覧ください。

 最初は、小さな企画でしたが、しだいに大きなものになりました。
 うまく行く時は、こんなものなのでしょう。

 2年半前の春に、『源氏物語』の写本の調査と情報収集に行きました。
 その時にお世話になった司書の方のことは、今春のブログに書きました。


賀茂街道から


 今回も、たくさんの収穫があると思います。
 今から、大いに楽しみにしています。





///////////////////////////////////
Nov. 21 (Friday)

9:00 AM: Welcoming Remarks
エドウィン・クランストン (Edwin CRANSTON) ハーバード大学
メリッサ・マコーミック (Melissa MCCORMICK) ハーバード大学

9:15 AM: Keynote Address
伊井春樹 (II Haruki) 国文学研究資料館

9:45 AM:
第1パネル 「和歌、物語、翻訳」 The Materiality of Classical Literature

伊藤鉄也 (ITŌ Tetsuya) 国文学研究資料館
「ハーバード大学所蔵『源氏物語』の本文」“The Harvard Genji Manuscript”

ポール・アトキンス (Paul ATKINS) ワシントン大学
「ハーバード大学所蔵『明月記』について」“Teika’s Record of the Clear Moon in the Sackler Collection”

海野圭介 (UNNO Keisuke) ノートルダム清心女子大学
「ハーバード大学所蔵『八雲御抄』について」“An Imperial Poetic Treatise, the Yakumo mishō”

迫村知子 (Tomoko SAKOMURA) スウォースモア大学
「和歌の絵画性」“The Pictoriality of Waka: Harvard-Yenching Library’s Book of Fans”

Discussant: エドワード・ケイメンズ (Edward KAMENS) エール大学

12:00 PM: Lunch
  
1:30 - 5 PM: 美術館所蔵品特別観覧
Art Object Study Session


///////////////////////////////////
NOV. 22 (Saturday)

9:00 AM: Greeting
鈴木淳 (SUZUKI Jun) 国文学研究資料館

9:15 AM:
第2 パネル 「宗教と説話」Religion and Pictorial Narratives

荒木浩(ARAKI Hiroshi) 大阪大学
「夢の形象、物語のかたち―「清盛の斬首の夢」を端緒に」

楊暁捷 (X. Jie YANG) カルガリー大学
「『白鼠弥兵衛物語』に中世の幻想を読む」

ケラー・キンブロー (Keller KIMBROUGH)
「『為世の草子絵巻』について」“Extinguishing the Flame: Cycles of Suicide in ‘The Courtier Tameyo’ (Sackler Museum)”

小峯和明 (KOMINE Kazuaki) 立教大学
「須弥山世界の図像と言説を読む」

Discussant: 徳田和夫 (TOKUDA Kazuo) 学習院女子大学

1:30 PM:
第3 パネル 「もの」としての本 The Book as Object

鈴木淳 (SUZUKI Jun) 国文学研究資料館
「美術意匠としての絵本」 “Illustrated Books as Artistic Design”

入口敦志 (IRIGUCHI Atsushi) 国文学研究資料館
「本と飾り」 “Book as Decoration”

Text and Paratext in the kanpon sakuhin of Takei Takeo 武井武雄 (1894-1983)
Rachel SAUNDERS (Harvard University)

ジョン・ソルト (John SOLT), Independent Scholar
「二十世紀の前衛本のデザイン」 “Twentieth-century Avant-garde Book Design”

Discussant: ハルオ・シラネ (Haruo SHIRANE) コロンビア大学

4:00 PM: Break

4:15 – 5:00 PM: Closing Discussion
Moderators:  石川透 (ISHIKAWA Tōru) 慶応義塾大学
神作研一 (KANSAKU Ken’ichi) 金城学院大学
posted by genjiito at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎国際交流
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178852701
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック