2008年06月11日

江戸漫歩(8)東京エキナカ

 最近、駅の中のショッピングセンターが話題です。
 品川駅や立川駅は、入場切符を買ってでも買い物客が訪れています。それだけ、魅力的な店が入っているのでしょう。
 私には、この社会現象がよくわかりません。

 それはともかく、東京駅にもエキナカと呼ばれるゾーンがあります。
 東京駅の場合は、改札の中だけではなくて、外の構内にもたくさんのお店があります。

 今日の夕食は、東京駅の改札を出た八重洲北口にある、キッチン・ストリートで食べました。
 それも、あの「アルポルト」で。


Tsc5fb8g_sドン・アルポルト



 息子は、イタリアンシェフを目指しています。そして、片岡護さんを尊敬しているようです。
 数年前に、家族で西麻布にある「アルポルト」へ行きました。そして、片岡さん直々に料理の説明をしてもらいました。そして、一緒に写真も撮りました。この片岡さんには、息子も料理学校で直接教わったそうです。


Et_hepqk_sアルポルト正面



 その「アルポルト」が、東京駅の中にあるのです。それも、直営店とのことです。これは、行かない手はありません。

 私は、ボロネーゼ(930円)とハウスワインの赤(530円)を注文しました。本当は、評判の「カルボナーラDON」を食べたかったのですが,メニューを見て、カロリーが高そうなので、パスタにしました。

 パスタの味はよかったですね。歯ごたえも、切れのいいものでした。また、ハウスワインも癖がなくて気に入りました。

 私は血糖値のコントロールをしているので、あまり食べ歩きはできません。1日1500キロカロリーと、女性の摂取カロリーの生活をしているのです。しかし、たまには好きなものを食べて罰はあたらないと思っています。


posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ・江戸漫歩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178852352
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック